音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/7/6

京都の思い出の人達(6)  思い出の人達

2年程過ごした京都時代の後半は、前述したように木屋町でバーテンダーをやっていたが、その他にも長岡京市にあるM電気の京都工場でアルバイト工員もやっていた。
ベルトコンベアーで運ばれてくるブラウン管を次々と箱詰めする作業を担当し、週ごとに昼勤、夜勤を繰り返すので大変だったが、一番金にはなった。
その職場の中にO.Yさんという中年の男性がいたが、こういう職場には珍しい物腰の柔らかい人だった。
O.Yさんとは、なんとなく気が合ってよく話をしたが、なんと彼は若い頃、占いの1種である四柱推命を専門の師について学んでいたことがあるという。
無料で見てあげるというので、私は早速O.Yさんに自分の運勢を鑑定してもらった。
すると、結婚運は良いが、女性や父親で苦労する暗示、型破りで目標に向かって積極的に動くが、あまり運が強くないので高望みせず地道に生きるべき、等という結果であった。
聞いた当初は、確かに子供の頃から自分でもあまり運が良いと思ったことがないので、成る程と思ったが心の中ではこれから先はなんとかうまくいくんではないか、という淡い希望があった。
・・・
しかし、その後の人生はまさにO.Yさんの鑑定したとおりの人生だったといってよい。
だからといって、私は決して悲観しているわけではないのだ。
O.Yさんの助言のおかげで、私はこれまでに、将来に起こるいくつかの課題を未然に対処することができたわけだから。
もし私が頑固で「いっこく」な性格だったら、自分の甘い判断で人生の壁にぶち当たって、今頃、もっとひどい目にあっていたかもしれない。
自分の生半可な夢が簡単に実現するほど、人生はあまくない。
しかし、真面目に地道に取り組んでいれば時々、思いがけない幸運が舞い込んでくることもある。
これは、私が今まで生きてきて何度か実感していることだ。
だから、人生は面白いし、人との出会いも面白い。
O.Yさん、今でも私は貴方に感謝してますよ。
0
タグ: 四柱推命 京都



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ