音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/9/28

金縛りの部屋  思い出の人達

私の家の周りには、アパートやマンションが多い。
このような集合住宅は築年数が古ければ古い程、奇妙なことが起きるものである。
10年程前のことである。
あるマンションに長年、一人で暮らしていた50代の男性Mが自室で病死した。
マンションでの孤独死というと何ヶ月も発見されない場合が多々あるが、Mはそれまでたびたび他の入居者や大家とトラブルを起こし、絶えず大家に目をつけられていたので独居で身寄りが無いにもかかわらず発見が早かった。
Mのいた部屋はやがて荷物が整理され、室内もきれいになった。
・・・
その後、Mのいた部屋にまだ10代の女性Kが住むようになった。
勿論、Kはかってこの部屋にMが亡くなったことは知らない。
ところが入居まもなくすると、Kは、
「この部屋は気持ち悪い。」
と言い出すようになった、という。
大家が尋ねると、この部屋でほぼ毎日のように金縛りにあうという。
大家が「あまり気にしないように。」と言ってもKはきかない。
暫くするとKは実家に頼んで寺の坊主を呼び、この部屋でお祓いをするようになった。
私は近所に住んでいたので、その様子の一部始終を見ていたのだが、
「こんなんで解決するわけないやろ。
アホちゃうか。」
と内心、思っていたがまさにそのとおりで、その後Kはこの部屋でノイローゼからリストカットをするようになり、遂にはマンションの屋上に上がって自殺未遂をやらかし、退去していったのである。
・・・
それから、この部屋には単身赴任の男性が1年程、さらにその後、若い男性が住んで現在に至るが、Kがいたころのような騒ぎは今のところ起きていない。
私は他人事ながら、あの部屋が落ち着いてよかったと思える反面、どうして若い女性のKの時だけ金縛りにあったんだろう、と思った。
そして、すぐに私はある思い当たることがあるのに気づいた。
それは、Mが亡くなってから大家が部屋の整理をしていた時のことである。
私がたまたまその様子を見ていた時、意外とMが本を持っていたことに気づいた。
「あいつ、意外と読書家だったんやなあ。」
と思って、本の山を見ていたらなんとその中にロリコンマンガの単行本がすごい量であったのである。
生涯独身のMだったが、50ヅラのおっさんにもかかわらずこんな趣味があったとは、と内心驚いたが彼も心の底では寂しい毎日をおくっていただろうことは容易に想像がついた。
だからMは死後、Kが来てから自分の肉体が無いにもかかわらず、夜な夜なKを襲っていたのではないだろうか、と思ったのである。
しかし、Mはホモではないのでその後入居した男性には、何もしなかったんであろう。
ただし私は霊能者ではないので、今でもあの部屋にMの霊がいるかどうかは、わからない。
だがもし将来、あの部屋にまた別の若い女性が入居して金縛りにあうようなら、Mはまだ成仏していないだろう。
私はMが早く成仏してほしいと思っている。
Mの残した本の中には、ロリコンマンガの他に一級建築士のテキストなんかもあった。
一見、無軌道で無教養に見えたMだったが、彼には彼なりの自分の人生に対して夢があったのだ。
そう思うと私は、何ひとつ自分の夢が実現できないまま、孤独の中で死んでいったMのことが不憫でならないと思うのだ。
・・・
そして、私はそんなMと自分自身とを比較してみた。
私はMとちがって貧しいながらも良き家族に恵まれているが、まだ自分の夢を何ひとつ実現できていない。
社会の底辺のような境遇でもがきながら生きていると、人生は運が良くなければ努力しても無駄だということを、イヤでも感じることがある。
だから私は、生前、酒を飲んではひとりで道の真ん中で酔っ払って大声を出していたMの気持ちがわかるのだ。
だが、そういう私は家族を幸福にしながら、自分の夢を実現させることができるのだろうか。
・・・
いや、Mのような人達の分まで自分はビッグに生きてやるのだ。
人生、諦めたら終わりだ。
0
タグ: 人生 孤独



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ