音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2009/9/23

平和公園観音像  

この連休中は渋滞をさけるために近郊のみ出かけた。
ど田舎人間の血をひく私は休日になると自然に満ちた外の空気を吸わないといられないので、9月21日、私は自宅近所で自然の多い名古屋市千種区の平和公園へでかけた。
ちょうど、この連休中はこの公園の施設の1つである、平和堂にまつられている観音像を公開していた。
この観音像は昭和十六年、日中戦争のさ中、日本と中国の平和を祈って名古屋市民が南京へ十一面観音を贈り、そのお礼に南京から木造4m金色の千手観音が贈られ、これが現在もここ、平和堂にまつられており、春・秋の彼岸の間に開帳される。
クリックすると元のサイズで表示します
上の写真は私が堂の外から撮ったもの。


天気はまあまあだが、堂内はうす暗く撮影モードを変えながら写す。
なかなかプロが撮るように、ハッキリと映らない。(あたりまえや!)
すると、堂内にいた係の人が
「さっきから、一生懸命撮ってみえるようだけど、中で撮ったらどうですか?」
と声をかけてくれた。
「えっ!文化財だけど中で撮ってもいいんですか?」
「ええ、いいですよ。」
私は係の方の好意にあまえ、あらためて堂内で観音像を撮らせてもらった。
そのうちの1枚がこれ。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影が終わったあと、私は係の方にお礼を言い、満足げに堂内を出た。
この日、私に親切に対応して下さった平和公園の管理を営む職員の皆様、
どうもありがとうございました。
0
タグ:  写真 仏像



2012/3/18  0:26

投稿者:名古屋のリラン

流石に説田君。始まりが千手観音様なんですね!南京と名古屋の友好の千手観音。永遠に友好で居て欲しい。千手観音様守ってください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ