音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/11/10

ベルギービール(3)  

忙しい時期が一旦終わったり、精神的に負担のかかる仕事をやり終えた時等、たまには自分を労う意味も籠めてその日の晩はベルギー・ビールを飲むのが結婚してからの私の習慣である。
ベルギービールはどの銘柄も最高にうまい。
でも、高い。
昔、新婚旅行でオランダとベルギーへ行ったが、アムステルダムのスーパーで「ヒューガルテン禁断の果実」という日本でもお馴染みのビールが日本円で約80円程度で売られているのを見て、羨ましいと同時に関税や酒税の高さを実感したことがある。
セレブから見たら、貧乏人は第3のビールでも飲んどりゃええわ、ということなのだろうか。
私にとっては、一生、ささやかな贅沢の1つと言えるかもしれない。
まあとにかく、ベルギービールを飲むと決めた日には値段の事等忘れて、大いに味わうとしよう。
私にとってベルギービールとは、飲んで味を楽しみ、(瓶のラベルやビールの色を眺めて)目を楽しみ、そしてビールの香りを楽しむ、そんなものである。
そして、ビール好きなベルギー人が「One Hour Drinker」と呼ばれるように、私も時間をかけてじっくりと楽しむのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ