音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/11/28

パウウェル・クワック  

数日前、久し振りにパウウェル・クワックというベルギー・ビールを飲んだ。
銅褐色の非常に口当たりの良いビールである。
このベルギーのフランダース地方にあるボステールス醸造所で造られるビールは、写真をご覧いただくとお判りのとおり、非常に変わった形の専用グラスで飲むのが特徴である。

クリックすると元のサイズで表示します

この専用グラスは「御者のグラス」、または「馬上杯」とも呼ばれるもので、元々はこのビールを初めに造ったパウウェル・クワックという人物が、自ら経営していたビール醸造所兼、馬車宿で、宿に立ち寄った御者が馬に乗りながらビールを飲めるように、特別に作られたものである。
彼の作ったビールが現在の醸造所で復活すると同時に、このグラスも再び世に出るようになると、形のユニークさもあってベルギー・ビールファンの間でたちまち有名になった。
室内で飲む時はグラスの底はフラスコのように球形になっているので、専用のスタンドに取り付けて飲む。
スタンドの柱を握ってちびちび飲むわけだが、世界でも珍しいグラスでうまいビールを飲むのは、けっこう楽しい。
因みにこのグラスは昔、名古屋市内にあるベルギー・ビール専門店の木屋さんで買ったものである。
ネット通販でも売られているので、興味のある方はいかがでしょうか。
・・・
初めてこのパウウェル・クワックを御者のグラスで飲んだ時のことである。
妻がこの変わったグラスを見て、
「なあに、これ。
不思議な形をしてるわね。」
と聞いてきたので、私はわざと真剣な顔をして、こうボケてみせた。
「これはやな、ベルギー製の尿瓶(しびん)なんやで。」
・・・
すみません。
わが夫婦の会話はいつも、こんなもんなんです。
冗談の通じない人が読んだら、笑えるどころか怒れてくるかもしれませんが、これからもひとつ、よろしゅうたのんます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ