音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2009/10/18

下元克己(4)へちゃむくれ  マンガ

クリックすると元のサイズで表示します
「へちゃむくれ」は月刊少年マガジン'70年7月号より「ゴキブリ」の後に連載された。
ひなびた漁村の分校を舞台に、手のつけられない不良少年の主人公と美しい美人教師とのふれあいを描いた作品だが、2回程連載したあと未完で終わってしまったようだ。
私は古本屋で月刊少年マガジン'70年7〜8月号を購入し、「へちゃむくれ」を切り取って保管したわけである。
9月号は「へちゃむくれ」休載の記事しか載ってなかったので、買わなかった。
古本屋でその後のバックナンバーを見せてもらったが、「へちゃむくれ」は連載されなかったようだ。
批判めいたことを書くようで恐縮だが、下元克己氏のマンガは絵はバツグンにうまいが、ストーリーはレパートリーの幅が狭く、登場人物のパターンにしても、過去の自作のマンガの焼き回し的な箇所が多い点が気になる。
貸本時代は時間をかけてのびのびとした作品を描いていても、雑誌連載となると毎週のネタ創りと作画に追われ、どうしても作品にネタづまりと投げやり的な箇所ができてしまうようだ。
確かにマンガを描き続ける、ということは大変なことだと思う。
「マカロニほうれん荘」の鴨川つばめ氏のように一時、心身ボロボロになった例もある。
今となって言うのもなんだが、作画専門に徹するか、読み切り作品を隔週で出すくらいのペースで描いていけばもっと、漫画家としての「寿命」が長かったかもしれない。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ