音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/3/28

実業家としてのピーター・バウマン(3)  タンジェリン・ドリーム

プライヴェート・ミュージックの社長として、飛ぶ鳥を落とす勢いの如く順風満帆だったバウマンだったが、思わぬところで運命の転換期に差し掛かった。
1990年に入って、もう一度ミュージシャンとして再出発しようと考えたバウマンは以前、「BLUE ROOM」のブログでも書いたように、当時タンジェリンから脱退して間もないポール・ハズリンガーと組んで、「BLUE ROOM」プロジェクトを立ち上げた。
しかし、1年近くの準備期間を経てデビュー・アルバム完成までこぎつけたのにかかわらず、結局没になったのである。
バウマンは落胆し、音楽業界がいやになってプライヴェート・ミュージックの経営権をBMGに売却した。
皮肉にもミュージシャンだった彼がもう一花咲かせようとしたら、自分の会社まで失ったわけだが、転んでもタダでは起きないとは彼のような人物を言うのだろう。
「ピーター・バウマンの近況」でも書いたように、今度は音楽とは全く関係のない業種(天然資源開発、不動産)で成功をおさめたのである。
自分の会社を売りはらった金を元手に違う業種にも挑戦し、どんどん自分の資産を大きくしていく、というやり方は、やはりユダヤ商人が得意とする経営方法である。
日本人なら、
「せっかくここまで大きくしたのに、あるいは先祖から受け継いだものなのに、今更他に何をやれというんだ。」
と頑なに考える人が多いだろう。
こういう人達は結局、時代や社会から取り残されて死に体をさらすことになるが、ユダヤ商人は様々な時代や国や地域で試練の中で生き抜いてきたので、立ち回りが早く柔軟であると言える。
勿論、音楽業界からいきなり不動産や開発事業に手を出したのは、あまりに冒険だから、奥さんのアリソンさんやその親御さん等から(奥さんの実家もかなり裕福らしい)的確なアドバイスを受けた上で実行したのかもしれない。
いずれにしろバウマンは器の大きい人間であることは間違いない。
器が大きいから、9歳年上のフローゼの下にいつまでも甘んじて生きるのは、たとえ当時のタンジェリン・ドリームが絶頂期でもできなかったのであろう。
器が大きいから、1つの業種で「お山の大将」で終わる人材ではなかったということであろう。
彼は私のような凡人から見たら「雲の上のお方」であり、人生の教科書のような人でもある。
下の写真は現在、おそらくネットに出回っている彼の写真の中で、最も彼の最新の姿を写したものだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

とても元気そうだ。
今後も私はバウマン氏のファンであり続けるであろう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ