音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2009/11/3

下元克己(5)トリプルパンチ  マンガ

70年代、少年キングに活躍の場を移した下元克己は連載マンガ「トリプルパンチ」を発表した。
クリックすると元のサイズで表示します
コソドロ3人組の主人公と犬のような顔の尾丸刑事が主要な登場人物。
はじめは友情のような関係だったが、ある日3人組が指名手配のコソドロとわかって、尾丸刑事は泣く泣く3人組を逮捕する。
クリックすると元のサイズで表示します

その後、なんと尾丸刑事の上司である署長がコソドロ3人を拷問にかけ、2人は死んで署長宅でシチュー(!)になり、残った1人は釈放後、街で細々と生きる。
クリックすると元のサイズで表示します
・・・
う〜む。
ギャグマンガとしては面白いようで面白くない、物語りも中盤で失速して中途半端な感じで終わってる印象ですな。
この作者の悪いクセである、連載途中で煮詰まって投げやり的な作風になってしまうところが今回も出てしまっている。

でも、この人の絵は好きだから古本屋で見つけてはせっせと集めているわけです。
彼の作品は私にとって、一種のノスタルジアである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ