音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/9/15

ピーター・バウマン待望の新作  タンジェリン・ドリーム

元タンジェリン・ドリームのメンバーで現在、実業家で哲学思想の研究団体であるバウマン財団(The Baumann Foundation)の創設者であるピーター・バウマン氏がようやく新作を発表いたしました。
と言っても、音楽のことではありません。
マイケル・タフトという人物との共著で「EGO]という著書を共同執筆したのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します

この本には、「ツインタワーの崩壊と啓発された人類の進化」という副題がついています。
本の内容についてはいささか頼りない話で恐縮ですが、私の拙い翻訳で内容の詳細や真意が誤解される恐れがあるので、あえて書きません。
また、この本が日本で出版される予定も今のところ無いようです。
しかし、バウマン氏が音楽から著作の道へ進んだことは間違いないのでございます。
以前、村西とおる監督のブログで故石原裕次郎氏が、
「俳優は男子一生の仕事にあらず。」
と語っていたと書かれておりました。
バウマン氏もミュージシャンの仕事は、
「男子一生の仕事にあらず。」
と思ったのでしょうか。
その辺の見解は今も現役で活動しているフローゼ御大やフランケ氏とは違うようです。
でも、どんな道へ進もうと私がバウマン氏によせる尊敬の念は、今も変わる事はないのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
(今年で58歳になった現在のピーター・バウマン氏)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ