音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/10/22

Franziskaner Dunkel(フランツィスカナー・デュンケル)  

週末は恒例のビールの宴でございます。
今夜飲むのは、私も初めてであるフランツィスカナーのヴァイツェン・デュンケルです。
ヴァイツェン・デュンケルは原料に大麦麦芽と小麦麦芽を使った上面発酵ビールです。
焦がした麦芽を加えているので他の黒ビール同様、焦げ茶色で味にコクがあります。
そして、ラベルにHefe(ヘーフェ、酵母の意味)と表記してあるので、酵母を濾過せずにそのまま瓶詰めしてあります。
修道士がいかにも美味しそうに飲んでいるラベルの絵柄を見ているだけでも、ビールのうまさが伝わってきそうではありませんか。
まずは、ジョッキになみなみとついでみます。
一般的なピルスナーと違って、ガラスの向こうが全く見えません。
しかも瓶とジョッキの底には酵母の澱が沈んでいます。
色と香りを楽しんだら、いよいよ口に流し込みます。
麦芽と酵母とホップが織り成す自然の味わい。
重厚なのど越し。
これぞ本物のビールでございます。
これまで飲んだことのあるエルディンガーやヴェルテンブルガー等の同種のビールとも引けをとりません。
こんな素晴らしいビールを自社輸入して消費者に安く提供してくれるリカマンさんに感謝でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ