音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2011/11/30

SOFT BALLET(ソフト・バレエ)  ロック&ポップス

歴史は繰り返す、と昔から言います。
私の高校生の息子が言うには、今ビジュアル系のバンドがはやっているそうです。
彼の同級生の中には、メイクして学校に来る男子もいるそうでございます。
今も昔も音楽好きな子は多いもので、私自身は微笑ましく思っております。
私の少年時代は、親も周りの者も音楽に熱中すること自体、理解してくれる者がおらずかなり不遇な経験をしているので、彼らには好きな事をやって楽しい青春時代をおくってくれればいい、と思っています。
私がつらい思いをしたから、こいつらばかり楽しそうにしやがって、と息子達につらくあたるような人間には決してなりません。
そんな事をしたら私は人生の敗北者であり、文化不毛の地と言われるA県かG県あたりに住んでる民度の低いバカ者といっしょであります。
むしろ彼らの為に、私は日頃から自分にできる事であるなら、できるだけ協力してやっているのであります。
さて、少年時代からプログレやテクノが好きだった私は、年の差というか、音楽的嗜好というか、ビジュアル系というと自分の娘が最近気に入っているゴールデン・ボンバーのようなのではなく、SOFT BALLET(ソフト・バレエ)を思い浮かべます。
勿論ソフト・バレエは元来、ビジュアル系ではなくエレクトロニック・ポップのバンドなのですが、これらの動画をご覧下さい。
10〜20年程前の映像ですが、今聴いても凄く新鮮だし、ルックスもすばらしいではありませんか。
サウンドはディペッシュ・モードやヴィサージの影響を感じますが、ちゃんと独自のものになっております。
かっこよすぎて妖しいルックスもすばらしいし、特にメンバーの森岡賢氏のクネクネ踊りながらシンセを弾く姿もたまりません。
そして、遠藤遼一氏の渋いヴォーカルも実にいい味を出していると思います。
テスト週間が過ぎたら、息子達にソフト・バレエの動画を見せて感想を聞いてみたいと秘かに思う私でございます。



1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ