音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2012/1/18

武満徹”Gemeauxジュモー”  近代、現代の音楽

前回はマーラーの”1千人の交響曲”の事を書きました。
あまりにも人員を要するので滅多に演奏されない作品だということを書きましたが、同じような理由で有名にもかかわらず滅多に演奏されない曲というのは、他にもあるのでございます。
例えばホルストの”組曲「惑星」”がそうでございます。
平原綾香様がカバーしてあれほどヒットしたにもかかわらず、原曲はCDが売れてもコンサートで演奏されることは稀であります。
原曲は、パイプオルガンや2人のティンパニー奏者を含む4管編成の大オーケストラで、さらに組曲の最後である”海王星”のみに女声コーラスが付くという大規模なものであります。
有名な曲とはいえ、大きなコンサートホールに聴衆が満員札止めになっても、余程良いスポンサーがつかなければ、入場料の収入だけでは大赤字になるでしょう。
ましてや、現代音楽のようなマニアックなファンだけが喜びそうなジャンルの音楽は、ますます演奏される機会が少なくなるのは当然と言えるかもしれません。
ストラヴィンスキーやショスタコーヴィチのような現代音楽の「古典」か、ガーシュインのようなわりと一般受けしやすいものが、たまに取り上げられるくらいが現実であります。
首都東京なら話は別ですが、それ以外の地域は大阪でも名古屋でも難しいのではないでしょうか。
しかしだからといって、このまま歴史から忘れ去られるにはあまりにも惜しい傑作というものは、かなりあるのでございます。
・・・
例えば、ここで紹介する武満徹の”Gemeauxジュモー”も、まさにそんな作品と言えるのでございます。
この曲は、おそらく武満徹先生の作品の中で最も大規模な作品ではないかと思います。
楽器編成は独奏のオーボエとトロンボーン、そして2つのグループに分かれたオーケストラです。
なんと、2つののオーケストラにはそれぞれ専任の指揮者がついており、ステージの上で2つのオーケストラが一度にバラバラに演奏されるようなものであります。
各奏者の方々は、隣で別のオーケストラが演奏しているのを気にしながら、譜面と自分達の指揮者の支持をよく見ながら演奏しなければなりません。
したがって演奏する側にとっても難曲ですし、聴く方も複雑すぎて訳のわからん曲だと思われるかもしれません。
しかし、実際聴いてみると意外と繊細で神秘的、しかも耳に心地よいのでございます。
特定のメロディが無く、微妙に変化する音の綴れ織り、といった感じです。
森や竹林の中で木漏れ日が映り、木々の間を風が通り過ぎていくような光景を連想させるような音楽でございます。
ロックやトランスも良いけど、うまいビールやワインを飲みながらこういう音楽を聴くのも、癒しの効果があっていいものだと思います。
しかしできることなら、一度コンサートホールで生の”Gemeauxジュモー”を聴いてみたいものですが、今時の厳しいご時勢では難しいだろうと思うのでございます。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ