音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2012/12/28

ギャグのセンスは、まだまだ欧米の方が上でございます。  FACEBOOK

Facebookを始めてから個人のウォールのみならずコミュニティのためのHPも良く見ますが、その中でも特に好んで見るのが、"Shit Happens"や"Fun, fun & little fun"等のお笑い系でございます。
これらの内容のバカバカしさと下ネタのドギツサは私なら大笑いですが、日本人の中にはドン引きしてしまう人も多いかもしれません。
このようなHPは日本人なら私のようにハマるか、
{くだらん!」
と、怒り出すかのどっちかでございましょう。
私はこの手の記事で気に入ったものは、ただ見て楽しむだけでなく自分のウォールにシェアすることもよくやります。
すると、多くの人が「いいね!」やコメントをよせてくれますが、喜んで下さる方々は圧倒的に欧米の方々が多いように見受けられます。
日本人は個人のウォールでも世間体を気にしすぎるのか、誰もがやってるようなグルメや日常的な内容のものばかりでございます。
それに、自分が書いたウォールを見る人達に楽しんでもらおうというサービス精神が、関西系の方々を除いてあまり感じられません。
私は、忙しい合間をぬってわざわざ自分のウォールを見に来てくれた(アクセスしてくれた)人達に楽しんでもらおうと、自分の音楽の記事ばかりでなく時々、お笑いサイトの記事をシェアしたり自分でも面白い写真を撮ってのせたりしています。
おかげで、全くのアマチュアに過ぎない私のウォールに世界中から少なからずFBの友人が毎日訪問してくださるのでございます。
しかしながら、私は今迄、能天気な人生のみをおくってきたわけではありません。
今迄もこのブログに時折書いてきたように、むしろ波乱に富んだ人生、いつもひたむきに生きてきましたが決して楽にならない人生でございました。
だが、たとえ辛いことや嫌なことが多い人生でも、僅かな希望があればそれに賭けてがんばってみようと思って前向きに生きている次第でございます。
そして辛い人生を円滑にする最大の方法は、ギャグとユーモアなのでございます。
実際、欧米では日常の会話にいかに巧妙にユーモアやウィットを織り交ぜることができるかが、その人のセンスの評価につながるのでございます。
近所の世間話で始まりグチで終わる岐阜の田舎者の会話とは、全くレベルが違うのでございます。
したがって私の人生にとって退屈ということは、罪悪といっても過言ではないのです。
しかし、世界は広いのであります。
こうしてブログで偉そうなことを書いている私ですが、そんな私でもまだまだギャグの分野では未熟と言わざるをえないようなすごい記事を時々見つけるのでございます。
例えば下のような写真("Fun, fun & little fun"に掲載)でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

私はこれを見た瞬間、腰を抜かしたと同時に抱腹絶倒しました。
上には上があるのでございます。
そして大笑いした後に、
「音楽のみならず、ギャグでも欧米のFBの友人達にウケるようになってみせる。」
と、大志を抱き固く誓った私でございます。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ