音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2013/1/27


Monica Froese(モニカ・フローゼ)。
この名前を知ってる方は相当なタンジェリン・ドリームの通でございます。
彼女は写真家で、タンジェリンのリーダー、エドガー・フローゼ御大の最初の妻だった方であります。
妻だった、いうのは、彼女は2000年にこの世を去っているからでございます。
はっきりした死因はわかりませんが、長く病気を患っていたそうです。
この方がモニカ・フローゼ様でございます。

クリックすると元のサイズで表示します

私はエドガー御大の奥さんという経歴の他に何より、彼女の写真家やデザイナーとしての実力に昔から注目しておりました。
何しろ70年代のタンジェリン・ドリームのアルバムの"Rubycon"や"Recochet"、それにエドガー御大の全てのソロ・アルバム(サウンド・トラックを除く)のレコード・ジャケットのデザインは全てモニカ様が製作したもので、今でも全てのプログレッシブ・ロックのジャケット・デザインの中でも際立ってすばらしいものだと思うのであります。
そして当時のタンジェリン・ドリームの幻想的な音楽と彼女のデザインとは実によく合っていました。
私の音楽人生はまさに彼らの存在無しではありえないのでございます。
ところで何で今回、彼女のことを取り上げたかといいますと、最近FACBOOKでジェローム・フローゼさんのページを見たら彼とモニカ様が一緒にいる写真が載っていたからでございます。
ジェローム様はエドガー、モニカ両夫妻の息子であります。
この写真は1982年にバルト海で母子が歩いているところを写したものですが、撮った方はなんと当時のメンバーのヨハネス・シュメーリング氏だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

この写真をアップしたのは1月23日。
この写真についてジェローム様はこう書いております。
Happy Birthday! (She would have turned 66 today).
(誕生日おめでとう!母は今日66歳になっていたでしょう。)
・・・
モニカ様はこれで1947年1月23日生まれだということがわかりました。
しかし、亡くなったのは2000年で享年53歳ということであります。
つまり今の私と同い年であり、あまりにも早い死でございます。
この記事には、私も含め実に世界中の多くの方からたくさんのコメントをよせられていました。
みんな彼女の早すぎる死を惜しんでおりました。
もちろん、この私も同じであります。
そして、まるで彼女が自分の身近な友人のように感じられてなりませんでした。
私は高校生の頃から、タンジェリン・ドリームの音楽を聴いていたので、彼女のデザインしたレコード・ジャケットも身近にあったわけです。
しかし彼女の肉体はこの世になくても、彼女の残した作品は永久に私達の心に残るでしょう。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ