音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2013/6/19

死の一歩手前まで行ったことがあるのでございます。  気になる人、モノ

人間、誰しも死ぬときはどんな感じだろうかと、思ったことはあるかと思います。
私も50年以上生きてきて、そう思ったことは何度もありますが、本当にその事を実感したことは今から10年程前に経験しているのでございます。
それはある顧客の家でエアコン取り付け工事をしていた時でした。
その日は、メッチャ暑い猛暑日でございました。
こんな日はできることなら涼しい所でのんびり過ごせたらいいのですが、いかんせん、生きていく為にはやらなくてはなりません。
こんな3Kの仕事をいやいや、やらなくてはならない自分の境遇を何度呪ったかしれませんが、とにかく言われた仕事を完成させなければ収入になりません。
このような現場の仕事を日頃やっている方なら、私の気持ちは充分にご理解いただけるかと思います。
世の中は自分の本当に好きな仕事だけで食っていける人間など、ほんの一握りでございます。
さて、そのお宅でエアコン取り付け工事がもうすぐ完了、というときの事でございます。
暑さは午後からピークに達しておりました。
その時、私はそのお宅のベランダでエアコンの室外機に配管や電線を繋いでいました。
煮えたぎるような暑さの中で私は非常に苦しかったのを、今でも覚えております。
そして作業中に異変を感じました。
やたらと鼻水が出るようになったのです。
汗は滝のように出ているのに、鼻水が出るのは脱水症状の前触れであります。
しかも内心、
「これはアカン。」
と思いつつも、仕事を完成させなければならないという意識だけはしっかりしておりました。
それ以外の気持ちは、猛暑で頭の中で脳が煮えたぎっているような感じになっていたので、ボーッとしていてあまり感じなかったのであります。
やっと完成、という時でした。
暑さの苦痛がいつまで続くのか、と思った瞬間、急に目の前が暗くなったような気がしました。
勿論、外は照りつけるような炎天下の晴天でございます。
そして、それまでの苦痛が消えてなんと気持ちよくなってきたのであります。
しかも自分の頭の上にはオレンジ色の輪が見えてきました。
そのまま、体がすーっと浮いていくような気持ちでした。
その間、数秒のことだったと思います。
意外とその時の気分は心地よいものでした。
恐怖心というものは、ありませんでした。
そのまま身をまかせてもいいやと思った程であります。
すると、心の中でもう一人の自分が叫びました。
「アカン、何しとんねん!はよ、目えさませ!」
はっと我に返った私は急いで室内に入り、休憩をしました。
その事をお客様に言ったら、
「そのまま我に返らんかったら、死んどったかもしれんで。
気いつけえや。」
と、言われました。
作業を終えて自宅に帰った時、私は2つの気持ちがありました。
「こんな苦しい人生が続くなら、いっそのこと、あの時死んでれば苦痛から開放される事ができたのになあ。」
と言う気持ちと、
「ワシには家族があるからまだ死ぬわけにはいかへんねん。」
という気持ちと、両方あったのでございます。
今、こうして多くのFACEBOOKの友人達に助けられてようやく長年の夢だった作曲活動に打ち込む事ができるようになったことを思うと、生きてて良かったと思う次第ですが、同時に、天国へ行く時、頭の上に輪っかがあるのは、ウソやなかったんやなあ、ということを知って、死後の世界や心霊現象、神秘体験等によりいっそう興味を持つようになったのでございます。
0
タグ: 人生 神秘体験



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ