音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/2/14

五十肩に悩んでいるのでございます。  つれづれ日記

54歳になっても下半身には自信のある私も最近、五十肩に悩んでいるのでございます。
寝る前には腕に湿布薬を貼ることが欠かせません。
さもないと、夜中に激痛で目が覚めることさえあるのです。
原因は職業病というか、長年、力仕事を続けてきたせいであります。
前職のサラリーマン時代に「肩叩き」にあったことも多少の原因かもしれませんが。
自分は体力には自信があるんだという気持ちが若い頃からありましたが、最近になって急にこうした症状が出るようになったのでございます。
激痛に悩ませれていると、さすがに私も不安になることがあります。
例えば、「もうワシは駅弁F○CKができなくなるのだろうか。」と。
女性を担いで「べんと、弁当〜〜〜!」とラブホの個室で腰を振りながら歩き回ったこともありました。
家業の電気屋では、今迄どれだけ重い家電品を運んできたか知れません。
ホワイトカラーではない私は生活のために、つらい仕事を続けてまいりました。
一部の芸術家のような優雅な生活とは無縁でございます。
しかし、いずれにしても痛い所は直して健康でいなければなりません。
私はまだまだ、家族を養うために働かなければならないのであります。
それでも今は、昔よりもやりたいことが多少できるようになっただけ、ありがたいと思わずにはいられません。
ささやかな生活ですが、過去の長いどん底の時代を思い出すと今でもぞっとするし、当時関わってきた人間達に対する恨みつらみも、まだ消えてはいないのでございます。
ただ、私はこの年になってようやく自分のやりたいことが見つかり、それに打ち込めるようになりました。
長年のどん底から私を救ってくれたのは、周りのジャップではなく海外の多くの友達なのであります。
これからも充実した人生を送るためにも、五十肩は勿論、健康には気をつかいながら日々を過ごしていこうと思う次第でございます。
0
タグ: 健康 人生 五十肩



2014/2/14  12:35

投稿者:ジョニーせつだ

ありがとうございます。妻の暖かい愛情でも直りが悪いなら、風呂でうんと温めてみます。

2014/2/14  10:55

投稿者:中村倫明

私もなりましたよ
右手が上がらなくなりました
毎日
カイロテックに通い
一ヶ月過ぎ
それでも
なかなか治らず

知り合いの方が

「2〜3ヶ月で気が付いたら治ってた!」
なんて聞き
半信半疑でしたが
私も
カイロテック行くのやめて
ほかっていたら
一月くらい
五十肩を忘れていたら
何故か手が上がるようになってました

五十肩と言う
病名は無いらしく
肩の血行が悪くなり起きる痛みで
温かくしてマッサージが良いらしく
お風呂で温まりマッサージが良いですよ

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ