音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/6/27

玉置神社  

十津川村の旅、谷瀬の吊橋の次は玉置神社へ行きました。
ここは初めてでございます。
あまりにも奥地にあるので今まで行きたいと思っていても断念していたのですが、今回、ようやく実現できたので感慨無量でございました。
実際、行ってみるとすごい所でございます。
同行したリラン君は多少、霊感が働くのか、
「ここは、大神神社よりパワーを感じる。」
と言っていました。
深い森の中を15分程歩くと、ようやく本殿に辿り着きここで参拝をしました。
疲労感、達成感、安堵の気持ちが入り混じった気持ちでした。
しかし本殿を見入っていると徐々に崇高な気分になって心が洗われるような気がしました。
すると、ここまで来るのにも充分しんどい思いをしてきたのですが、リラン君が、
「山頂にも行きたい。」というので、思い足を起こして疲労に耐えながら山頂に行きました。
そして、なんとか登りきった時はほっとしました。
山頂には鐘があったので、楽器の好きな私は早速叩いてみました。
日頃の習性というか、この時、その鐘の音をiPhoneでサンプリングしました。
この音は、いつか作曲する時に使われることでしょう。
山頂から下りると、神代杉や夫婦杉等のご神木を拝みました。
どちらも高さ20メートル、推定樹齢3000年以上という巨木でございます。
見上げると、その存在感に圧倒されます。
この雄大な自然と触れ合えただけでも、今回の旅は非常に有意義なものでした。
この年にしてようやく、こことご縁ができたと思うと今迄生きてきてよかった、と思うのでございます。

クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: 奈良 自然 十津川村



2014/6/30  20:25

投稿者:ジョニーせつだ

私もそう思います。帰りの北山村といい、何か引き寄せられていったような気がしてなりません。

2014/6/30  15:41

投稿者:中村倫明

玉置神社は、熊野の奥地で行けない所。と、教えられていて、一生無理だと思っていたら、奈良に住むblogフレンドがなんなく詣でていて、行けると確信。しかし全ての行程であの日は玉置神社の大神様にお迎えいただけたし、何らかの神に護られた一日でした。必ずもう一度詣でたい神社です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ