音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2014/12/26

今年のクリスマスのビール  

なんと、2週間以上も更新が途絶えておりました。
もちろん、この間も仕事や作曲に打ち込んでおりましたので、ボーッとしていたわけではございません。
しかし、さすがにクリスマスの時は作曲はお休みしてビール三昧、ケーキ食べまくりの日々でございました。
貧乏暇なしですが、この時はじっくり楽しんでまいりました。
人生には楽しみが必要なのであります。
酒だって、愚痴や不満を漏らしながら飲むより笑って楽しんで飲む方が美味しいに決まっているのでございます。
さて、今年のクリスマスは奮発してベルギービール三昧でした。
この時期、ベルギービールと言えばクリスマスビールです。
クリスマスビールとは、高アルコール(9〜11%)でホップ以外にスパイスの入った特殊なビールでございます。
今年飲んだのは、Abbaye des Rocs醸造所で作られたSpéciale Noëlというビールです。
因みにこの名前をフランス語で発音するとAbbaye des Rocs Spéciale Noël(アベイデ・ホック、スペシヤル・ノエール)と聞こえます。
ベルギーは北部がフラマン語(オランダ語の方言)で首都ブリュッセルと南部がフランス語という多言語国家なのであります。
と同時に、ビールやチョコレートや料理のうまい、そして美しい風景に富んだ魅力ある国なのでございます。
今まで300種類くらいのベルギービールを飲んでまいりましたが、このSpéciale Noëlもメッチャうまいビールでした。
それで、勿体無いからこれ1本で済ますはずが、勢いに乗って次から次と飲んでしまいました。
まずは同じアベイデ・ホック醸造所のBlanche des Honnelles(ブランシュデゾネル)という白ビール。
これは原料に大麦麦芽の他に小麦やoats(燕麦)も使われ、アルコールも6%と同じタイプのヒューガルテン・ホワイトに比べると重い感じがします。
ベルジャン・ホワイトの爽やかさと修道院ビールの重厚さとを兼ね備えたビールと言えるかもしれません。
他にはシメイ・ホワイトに似た味わいのValeir Blonde(ヴァレール・ブロンドゥ)、アルコール10%のストロングエールGulden Draak(グルデン・ドラーク)を飲みました。
ドンペリを浴びるように飲む人から見たら、ささやかなものでしょうが、私にとっては豪勢なクリスマスだったのでございます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ