音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2015/12/4

薬局のお婆さん  思い出の人達

私の家の近くにある駐車場には、かつて老夫婦が営んでいた薬局がありました。
旦那の方は似ても焼いても食えないような男でしたが、奥さんは風流な名古屋弁を話す気さくなお婆さんでした。
今から20年程前のことでしょうか、そこの老夫婦が高齢のため、ついに薬局を廃業することになりました。
その頃、私達夫婦は結婚したばかりでした。
ある日のことでございます。
私がたまたま道で、お婆さんに突然、声をかけられました。
「ちょっと、せつださん。」
お婆さんは、なにやらいっぱい物が入った大きな紙袋を持っていました。
「おや、Eさん。どうしましたか。」
「せつださん、実はうちはもう、店をやめることになったんだわ。
ほんだけど(しかし、それでも)、まんだ(まだ)こんなにぎょうさん、余っとるもんだで(そこでお婆さんはニヤっと含み笑いをしながら)、あんたんところ、まんだ若いもんだで、よかったらこれ全部あげるで使ってちょうすか。」
と、私に紙袋を差し出しました。
なんと、袋の中は全部コンドームでございます。
私はびっくりして、
「はあ、いくらなんでもこんなにたくさん、、、。
それに、なんでこの僕に?」
「あんたなら気い良くもらってくれると思ったから、あげるんだがね。
遠慮せんでええよ。」
「はあ、それにしてもEさんは気さくな方ですね。
普通、他人にこういうものを渡すのは、気が引けるじゃないですか。
僕はEさんから見たら、そんなに話しやすい感じに見えるんですかね。」
すると、Eさんは大きな口を開けて笑いながら、
「あんたは(そういうことが)すごく言いやすいんだわ。
それにあんたなら、これくらいじきに使い切ってまうわ。
うん、この町内でこれだけのものを見事に使い切る人は、あんたしかおらん。」
まるで確信を得たような言い方でございます。
褒められているのか、余程のスキモノと思われているのか、心に引っかかるのを感じながらも、私はお婆さんに深くお礼をしながら袋をいただいて帰りました。
それからしばらくして、お婆さんは息子夫婦の元へ引っ越していきました。
例の袋に入っていたものは、貰った当初はこんなに沢山あっても、どないしようかと夫婦で悩んでおりました。
しかし、お婆さんはさすが人生の先輩であります。
お婆さんの読みのとおり、私達夫婦は「じきに」使い切ってしまったのでございます。
それからしばらくして、お婆さんが亡くなった、という知らせを聞きました。
薬局は取り壊され、現在は青空駐車場になっております。
しかし、私は今でもそこの前を通るとあの気さくな薬局のお婆さんのことを時々思い出すのでございます。
お婆さんだけでなく、そこにあった古びた薬局のことまではっきりと覚えております。
当時、薬局の前には、開店中はいつも店の前に立て看板がありました。
その立て看板にはこう書かれておりました。
「産制コンドーム 家庭の必需品」
1
タグ: 人生 思い出



2015/12/11  20:27

投稿者:ジョニーせつだ

とかく閉鎖的と言われる名古屋人ですが、あのお婆さんは、いつも気さくであっけらかんとした人でした。今でも、あの「使ってちょうすか。」という言葉を思い出すと、思い出し笑いしてしまいます。

2015/12/11  13:58

投稿者:中村倫明

よく映画で兜と言われる物ですね!
今だったら、エイズ予防にも良いですね!
若い時は購入するのに、困ったもんでしたが
子供が生まれた時、赤ちゃんの本に
通販が載っていて、先ずはそこを
そんなふうに購入していたのが懐かしいです!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ