音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2016/7/15

読者の皆様、いつもありがとうございます。  つれづれ日記

なんと、3週間程も更新が途絶えておりました。
勿論、その間、何もしてなかったわけではなく多忙な日々をおくっております。
作曲では、現在3枚目のアルバムの制作に取り掛かっております。
過去の2枚はヴァラエティに富んだ内容でしたが、今回はいくつかのテーマに絞り込んだものにしようと思っております。
生活のための仕事では、炎天下の中でマンション屋上の防水工事をやりましたが、さすがにきつくて夕食後は疲れて作曲どころではありません。
しかし、早朝には取り組んでおります。
そんなわけでブログの方も滞っておりましたが、驚いたことにその間も多い時は60人以上のアクセスがあり、嬉しく思っている次第でございます。
有名人のブログでもないし、一般受けする内容でもないのにもかかわらず何人かの方々が読んで下さって感謝の気持ちであふれております。
ところで、文章でも音楽でも、自分だけで満足して誰にも見向きもされなかったら、センズリと一緒でございます。
その場合、自己満足と自家発電は同義語になるのであります。
そう言えば、私の好きな韓国ドラマ”ファン・ジニ”の最終回でこんな場面がありました。
自分の芸を追求する主人公ファン・ジニが恩師がすすめたお茶を飲もうとした時、彼女の目の前で茶の中で乾燥した花がパッと開きました。
これを見てファン・ジニは、
「湯の中で咲く花は美しいが、これを人々に飲んでもらわなかったら、なんの意味もない。
それは、自分の芸にたいしても同じことが言える。」
と悟ったのでございます。
それ以降、彼女は金持ち相手のキーセンの世界を離れ、村から村へ渡り、庶民に愛される「真の舞人」になり、そこでドラマは終わるのでございます。
この作品には感銘を受けました。
勿論、ただ一般受けすれば良いという意味ではありません。
しかし、どんなジャンルのものでも、本当に良いものは必ず誰かの心を揺さぶるものでございます。
それは道楽や自己満足とは違い、感動や生きる喜びを与えるものでございます。
私も芸術とは全く無縁の環境で育ったにもかかわらず、多くの傑作に出会ってまいりました。
おかげで多くの人達よりは感受性豊かな人生をおくることができました。
そして今は、鑑賞するだけの立場から創造する側の方にも変わったのでございます。
自分の作品でどれだけ多くの人々に感動を与えることができるか、こうした道に進むことができるのは、私のような凡人には身分不相応なことかもしれませんが、ありがたいことでございます。
0
タグ: 人生 芸術 生きがい



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ