音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2020/1/4

"Can-Paperhouse"  プログレッシブ・ロック

毎日、作曲に励む私ですが、一番苦労する時は鍵盤に手弾きでメロディーを打ち込む時でございます。
どうしてもうまくいかない時は、打ち込みでデータ入力を入れているのですが、このことからわかるように、実は私はまともに演奏できる楽器が無いのであります。
何せ、子供の頃、レコードを聴く以外、一切、音楽的な環境に恵まれませんでした。
兄弟は何故かギターを買ってもらったり、合唱部に入ったりしてそれなりに充実した境遇にいたのですが、私は自分から何かやろうとすると悉く反対や妨害を受けました。
当時を振り返ってみると、不遇で悔しい思い出しかありません。
要するに運が無いのですが、こうした状況は成人してからも続いておりました。
20代の時、お金を貯めて、初めて念願のシンセサイザーとシーケンサーを買った時、やっと自分の夢が少し叶った気がいたしました。
あれから長い年月が過ぎましたが、今でもギター等の生楽器を巧みに弾きこなす人を見ると、羨ましくて仕方ありません。
しかし、そんな私のマイナス感情を払拭してくれるバンドがかつて存在していたのであります。
それがドイツのCANというバンドでございます。
バンド自体はかなり前から知っておりましたし、レコードも聴いたことがあります。
しかし彼らが演奏する姿を見たのは、やはりYouTubeを見るようになってからのことでございます。
初めて彼らの演奏を見た時の感想は、「?」でありました。
ご本人様が読んだら怒られそうですが、日本人ヴォーカルのダモ鈴木氏の歌いっぷりは、お世辞にもうまいと言えるものではありません。
しかし、何故か彼らの演奏には惹きつけられるものがあるのです。
そして、彼らの音楽が後のパンクロックに絶大な影響を与えたことも充分、納得できました。
因みに、ダモ鈴木様がグループに加入する前に何人もの歌手がオーディションを受けたのですが、CANのメンバー達が彼に決めた理由は、他の歌手があまりにも歌がうますぎるから、とのことでした。
そういう考えもあったんだな、と目から鱗が落ちるような逸話でございます。
ダモ鈴木様がいた頃のCANはバンドの黄金期でありましたし、CANはタンジェリン・ドリームやクラフトワークと共に、ドイツの重要なプログレッシブロックのバンドであることは、間違いないのでございます。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ