音楽、旅、人生観等、好きな事を好きなだけ書き連ねてまいります。 当ブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。

2010/3/15

タンジェリン・ドリーム"barock3"  タンジェリン・ドリーム

タンジェリン・ドリームの1976年ドイツ国内におけるTVライブの模様。
ファンにとっては、貴重な映像だ。



‘76年という年は彼ら3人のメンバーにとって円熟期といってもいいだろう。
多くの機材に囲まれて演奏している姿は、神聖な感じさえする。
当時のことについてフローゼはこう語っている。
「当時ライブをやってわかったことは、ライブってのは全く金儲けにはならなかったってことかな。
とにかく当時の機材は大きく重く運搬も大変で、動作も今のデジタルと比べて非常に不安定だった。
だから楽器のチューニングにはとても時間がかかってね。
おまけに会場に観客がいっぱいになって、場内の熱気が上がるとまたチューニングが狂ってしまうありさまだった。
また、当時の機材はどれも大変高価だったから、レコードの印税はたくさん入っても、その収入の8割から9割を新しい機材の購入のために費やしたんだよ。」
フローゼは当時のことをまた、「音楽的には充実していたが精神的にはつらい時期でもあった。」と語っている。
しかし、それでもこのころの時代は彼らタンジェリン・ドリームにとって、初期の黄金時代であったことはまちがいない事実だと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ