2011/11/11  3:30

エギング練習釣行3  釣行記

2011年11月11日(金) 3:30〜8:00 積丹半島
柳の下に2匹目のドジョウは居ませんでしたが、3匹目のドジョウが来てるんではないかと思って、またまたまた同じポイントへ行ってみました。

寒くなってきてるし、釣れてない情報が流れているのか、大人気のポイントが空いています。とはいえ、その中でも一番人気の角地は流石に一人入ってエギを投げています。入ろうと思えば、その人の隣に入れないこともありませんでしたが、良い思いをした釣りにくいポイントへ(^_^;)

釣り人って、一度良い思いをしたら、また行ってしまうもんでしょ?(^_^;)(^_^;)

んー、それにしても、釣れてる雰囲気がありません。エギングやってるのは、その角地の人だけだし。あとはみんな浮き釣りのおじさんたちですが、そのおじさんたちが、「釣れねえなー」なんて言って話してるんです(*_*)

角地の人のバケツをチラッと見たら、ヤリイカが1杯見えました。釣れないことはないんですね。僕が来てからはその方は釣りませんでしたが。

さて、僕も始めましょう。

定番のナオリー1.8B 赤エビをキャスト。

前回のおじさんのシャクリ方で攻めます。

3投目には、ズシッ!

クリックすると元のサイズで表示します


結構イイ型のヤリイカです!(^_^)v

中ぐらいの丸バケツを持ってきてたんですが、イカがでかくて入りきれません。大きめの角バケツを車まで取りに行って取り替えたりしてる間に、イカの群れは去ってしまいました(T_T)

でも、すぐにまた回遊してきて、ポツポツ釣れます。

3杯目を釣った時に、思わず

「足元で釣れてますよ」

って、角地の人に聞こえるように言ったんですが、ピクッと反応しただけで、足元に投げずに遠投してしまったので、二人で一緒にイカの活性を上げて釣るのは不可能と思いました(*_*)

4杯目を釣ってからしばらく釣れなくなって、潮の流れが逆になり、久し振り(30分後ぐらい)に釣れたのが

クリックすると元のサイズで表示します


マメイカでした。群れが変わったのかと思い、そのポイントは引き揚げました。

クリックすると元のサイズで表示します


このポイントでは、ヤリイカ4杯、マメイカ1杯です。なにか吐いたのか、水がキラキラしてて、イカが全部死んでしまってました(T_T)

このまま帰ればよかったんですが、何となく帰り道だったので、先日ロック魂を籠めた港へ寄ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はチビソイや





クリックすると元のサイズで表示します
ハゼしか釣れず、盛り上がらないので、長居せずに引き揚げました。

でも!

まだ帰りません(^_^;)

少しでも新しいポイントを回ってみましょう。とはいえ、もうすっかり陽が昇ってしまった朝7時過ぎ。観光地のほど近くにある埠頭では、一人もイカ釣りをしている人はいません。遠目にイワシを釣ってる人たちが3人程度。

釣れるのかな?

初めての場所だし、釣ってる人いないし、こんな明るい時にマメイカ狙うの初めてだし(*_*)

クリックすると元のサイズで表示します


えーっと、1投目で釣れちゃいました(^_^)v

エギと同じぐらいのサイズですね。ちっちゃい(*_*)

この子が釣れなかったら、3投ぐらい投げて止めて帰るつもりだったのに、帰れなくなりました(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します


結局、30分ぐらいかけてやっと3杯。写真は見えにくいですが、真っ白になって縦になってます(上から撮ってるから丸にしか見えませんが)。

クリックすると元のサイズで表示します


バケツのまま持ち帰ったら、マメイカ3杯は、まだ生きてました。可愛いですね〜♪

クリックすると元のサイズで表示します


新鮮なうちにお造りに〜♪

一番最初の大きいヤツですから、これで半分です。1杯でヨメさんと二人でちょうどいい量でした(^^)

クリックすると元のサイズで表示します


塩辛も作りました。スルメイカほどワタが濃厚じゃないので、ちょっと物足りませんが、お上品で、これはこれでイケますよ(^^)

クリックすると元のサイズで表示します


一夜干しじゃありませんよ。生イカの素焼きです。生姜醤油をぶっかけてあります。一夜干しには一夜干しの美味しさがありますが、生イカも捨てたもんじゃありません。

イカは生が美味しいに決まってますが、火を通すと食感だけじゃなく、旨味が増します♪

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ