2012/8/11  22:29

北海道 謎の食品「小揚げ」  北海道 謎の食品

北海道には、謎の食品が多く存在しています。いろんなHPやTV番組でも取り上げられていて、目にする事も多いと思います。

有名どころでは、ガラナ、ソフトカツゲン、リボンナポリン、やきそば弁当といった商品。

商品ではなく、料理名として有名なのは、ザンギ。チャンチャン焼きは謎かというと、そうでもないし、ただの郷土料理と言えそうです。

あまり気付いている人がいないみたいなのが、今日取り上げる「小揚げ」です。先日、海アメの筋子のカナッペの時に、揚げさんの話を書いたので、思いつきました。

クリックすると元のサイズで表示します


関西でいうところの、薄揚げと寿司揚げの中間ぐらいのものです。関東でいうと、油揚げを小型にしたようなものです。それぞれのサイズをまとめてみましょう。

地 域  名 称  短辺  長辺   厚さ
関 西  薄揚げ  80  180   5
関 西  寿司揚げ 80   80   5
関 東  油揚げ  80  180   5
北海道  小揚げ  80  100  20   (単位:mm)

関西、関東のそれぞれと違うのは、その厚さです。

関西から関東へ引っ越した時、寿司揚げが売ってなくて、薄揚げを半分に切ったものが寿司揚げとして売っていたのには、驚きました。

さて、薄揚げは冷凍庫で常備していたので、北海道へ引っ越してすぐ薄揚げを探しました。でも、無いんです。

クリックすると元のサイズで表示します


よく探せば、あるにはありますが、しっとりした高級品タイプです。僕が欲しいのは、普段使いのペラペラの薄いのんや!と怒りました。今はすっかり馴染んで「小揚げ」を冷凍保存して常用しています。

ところで、稲荷寿司の形が関西と関東で違うというのは有名ですが、北海道ではどの揚げを使って、どんな形にするんでしょうか?

どうやら、この「小揚げ」を使うらしいです。しかも、長辺を横に切るそうです。こんな小さい揚げで作ったら、小さいお稲荷さんしかできへんやんか!

僕はおかんが作ってた大阪風の三角のお稲荷さんが普通だったので、パンパンにご飯を詰めたのを作ります。おかんオリジナル(田舎風ともいう)なので、大阪のお稲荷さんが全部パンパンではありません。

そして寿司飯に具を混ぜた五目稲荷が基本です。関東の胡麻だけっていうのにも驚きましたけど、北海道では、その大きさからか、胡麻さえ入ってないみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します撮影用に買った揚げさんですが、折角なのでお稲荷さんを作りましょう。北海道風ではなく、関西風にする為に、「小揚げ」を敢えて三角に切りました。


クリックすると元のサイズで表示しますこんな感じ。左のバットが三角、右のバットが関東風の四角です。パンパン過ぎて、三角お稲荷さんに見えへんという批判は、受け付けません。



余談ですが北海道へ来て驚いた揚げさんが、実はもうひとつあります。

クリックすると元のサイズで表示します


三角揚げです。これは大きくて、長い辺が25cmぐらいあります。これこそ、どうやって食べるんでしょうか?そのうちヒヤリング調査しておきます。

大きいだけじゃなくて、分厚いんです。3cmはありますよ。サイズ的には、栃尾の油揚げサイズ。形が違うだけみたいな。

クリックすると元のサイズで表示します


栃尾の油揚げは、埼玉に住んで軽井沢に通っていた頃、必ずスーパーで買って帰ってました。軽井沢は距離的に近いからか、新潟のものを結構置いてありました。

ところが、栃尾の油揚げは埼玉の近所のスーパーで定番で置いていることを発見し、わざわざ軽井沢から買って帰る事はなくなりました。それでも佐久の鯉の甘煮は買って帰ってましたよ♪

話がそれてしまいましたね。今日は「小揚げ」がメインでした。今後、北海道の謎の食品は、シリーズ化していきたいと思います。新鮮な目を持っているうちに!

3



2013/1/25  20:59

投稿者:たろパパ

>R子さん
いらっしゃいませ〜♪

いやー、釣りとスキーとゴンズイ以外を辿ってきた方って、初めてです。ありがとうございます。

シリーズ化すると言っておきながら、全く第2弾をやってません。準備はしてますから、そのうちアップしますよ!お楽しみに〜♪

2013/1/24  9:21

投稿者:R子

北海道のヒトが作ったレシピに「小揚げ」とあり、なんだなんだ?と検索していてこのページにたどり着きました!
関東と関西、北海道でこんなに揚げに違いがあるなんてびっくりです!
東京から住まいを移したことがないのでカルチャーショックです。
情報、ありがとうございます!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ