2015/7/21  12:00

ひとりでできるもん!  オフショアブリ系

去年、ブリジギングを始めました。今年はもう少しやりたくて、新しい竿も買って、一度はブリジギングに行きました。

あれから1ヶ月が過ぎようとしています。ブリジギングのシーズンなんて、スキーシーズンより短いんですから時間を惜しんでいかなければ!ネットの情報を見てると、スゴイ釣果が毎日目白押し!(^O^)/

でも、冬以外は年次点検がほぼ毎週末予定されていて、なかなか週末に釣りに行く事は難しいです。仕方ないので、平日行きますか!平日、一緒に行ける人はいないので、独りで行くしかないかな?

と、いう事で、は・じ・め・て 船に連絡するところから、全て独りでやることになりました。まあ、普通は自分でやるものですから、どうという事も無いんですけどね(^_^;)

HPで空いてる日を確認してから電話したので、もちろん予約は取れました。前日の20時までに電話確認して下さいと言われました。

そして、前日、20時までなんで、5分前ぐらいにするのがいいかなと思って、携帯を握りしめてカウントダウンして待っていると6分前に着信が!(((( ;゚Д゚)))

船頭さんから確認の電話が先に掛かってきました(^_^;)

2015年7月21日(火)4:30〜12:00 日本海

さて、当日。幌武意漁港に4時半までに来てと言われましたので、少し早めに着くよう出発。3時過ぎには到着して仮眠をとりました。たいして眠れないまま4時過ぎ。気が付けばいそいそと用意をしている人達が動き始めてました。

声をかけると、同じ船だったので、初心者なのでヨロシク、とご挨拶をしつつ、話を伺いました。いままで乗った船はクーラーを持ち込むことが無かったんですが、こちらは持ち込む方式らしく、これも初体験となりました(*^_^*)

トモ側に常連さんらしきお二人が陣取ってましたが、ムリくりクーラーを横に置かせてもらって、僕は船頭さんのすぐ横に入らせてもらいました。初心者ですからね、このポジションがいいでしょう♪

ミヨシ側には3人。全部で6人のお客さんでした。

クリックすると元のサイズで表示します現地に着いて、一流し目。船頭さんが流れを見たいから、少し投げてみて、と言われたので、少し投げてみます。そんなに流れません。っていうか、全然流れません。ジグが真っ直ぐ下に沈んで行きます。

潮動いてない?(*_*)

一瞬悪い予感が頭をよぎりましたが、心配するまもなく、常連さんに1匹目がヒット!しばらくして僕にもヒット!(^O^)/

その引きから、ワラサクラスというのが分かりました。ジグはマリアのメタルフリッカー160gブルピン。

ゆっくり巻きあげて船頭さんに掬ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します


余裕でワラサクラス。最終的にこの日釣った中でも大きい方でした(^^)♪

と、釣ったらすぐ船頭さんが魚の処理をレクチャーしてくれました。

@取り込んだ魚は、ルアーも外さずに玉網でそのまま押さえる。
A手かぎのようなもので、脳天を一刺しして〆る。
Bルアーを外す。
C玉網から出す。
D尾びれの付け根を切り、折って血抜きする。
Eエラを切る。

だそうです。

最近、ルアーが掛かったままの魚が暴れてフックが刺さる事故があったそうで、そんな事故に遭わない為に、こうするようにしたそうです。今度、手かぎ買って来ようo(^^)o

しばらくして、2匹目ヒット〜!(^O^)/

が、巻いてる途中でラインブレイク(T_T)

船頭さんになんで切れるかなー?なんて言われるし(*_*)

リーダーをチェックされて、こんな細いのは切れて当たり前!ブリを舐め過ぎ!って怒られました(^_^;)

メインラインがPEの2.5号30LBだったんで、リーダーを20LBにしてたんです。船頭さんがこれ使えとくれたのが、ナイロン16号(@_@;)

メインラインより強そうなんですが(^_^;)

メタルフリッカーが無くなってしまったので、次は鉄ジグを投入!大阪の実家の近くのタックルベリーで見つけた激安の鉄ジグです(^_^)v

周りも結構釣れているようで、型はだんだん小さくなっていってますが僕もポンポンポンと釣れ続け、気付いたらこんな状態(^_^;)

クリックすると元のサイズで表示します



最初の1匹は既にクーラーに入れてるので、これでもう4匹。まだ朝の7時半過ぎですよ(^o^)♪

だんだん小さくなってきたから、船頭さんがジグをロングに変えたら大きいのが来るかも?と言ったので、早速チェンジ!

チャーマスモデル145gのブルピン!結局、このジグが当たりジグとなり、その後もこれで良く釣れました(^_^)v

入れ食いという訳ではないけれど、ポツリポツリと途切れない程度に釣れ続けました。こんな書き方をすると、良く釣れてたと思う人が多いかもしれませんが、実はこの日、あまり釣れなかったんです。前日まではもの凄い釣れ方で、一つの船で午前だけで170本とかザラに釣れてたのがウソのように釣れなくなっていました。

が、とにかく僕はダラダラと釣り続けました。8本目をクーラーに入れた時点で、60Lのクーラーは満杯。もっと大きいのにしとけばよかった。以前は76Lのを持っていたんですが、大きすぎるんで去年売り飛ばして、買い替えてしまったんです(^_^;)

ここから後は基本リリースで、大きいのが釣れたら、無理やり詰めて帰る事にしました。船頭さんにリリースの仕方も習ったし、もう70cmクラスのワラサでもタモ使わずにリーダーで持ち上げて魚体に触れずにリリースできるようになりました(^o^)v

魚の反応が上で出てるようなので、みんなタナを探るべく、いろいろなタナでシャクッてるようでしたが、僕は頑なに底ばかりを攻めていました。ベイトがオオナゴしかいないと思っていたので、底が基本かなと(^^)

で、上に反応があるっていうんで、底から20回ぐらいシャクってから、底まで落として、1シャクリか2シャクリ目でヒットのパターンが後半多かったです!

クリックすると元のサイズで表示します


終わってみれば、13本。船頭さんに竿頭と呼ばれましたv(^o^)v

クリックすると元のサイズで表示します12時に上がって、僕は近くの「峠の湯」で汗を流して帰りました。

初めて行きましたが、露天風呂からの眺めは最高ですね!


クリックすると元のサイズで表示します


帰り道の途中で、古民家カフェ「菜はな」さんに寄ってお裾分けを2本して帰りましたから、お持ち帰りは6本となりました。

ブリ系の料理も、今まで散々やってきましたから、お造りなんかの定番は割愛します(写真撮るの忘れた(^_^;))。

翌日、「菜はな」さんにKOGOさん達と行って、頂いてきました!

クリックすると元のサイズで表示します


左上のお皿です。「ワラサの焼き浸し」としてメインに使ってもらってました。自分の釣った魚が、プロの手でお店に出てるって、嬉しいですね!(^◇^)

で、早速真似っこしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します


ワラサの焼き浸しでーす!(^O^)/

昆布とかつおでダシを取って、少し薄めの塩加減の吸い口に、焼いたワラサを入れてあります。お出汁の香りが効いてて、美味しーい!(^^)

付け合わせも真似して、キャベツの梅酢漬け。たぶん梅酢ですよね?聞いてないけど、たぶんそのはず(^_^;)

その他の料理は、また別にアップしますね!お楽しみに♪(^O^)/

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ