日刊★雷子

from El Paso with LOVE〜
米国生活を2月10日よりstartしました。

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Lyco
すぱちゃんぐむ
ほんと、楽しかったよ!みんな年齢や声質などの個性がバラバラなんだけど、ひとたび一緒に歌いはじめるとまとまるのよ。本当に不思議!こころが一つの方向に向いているからかもしれないっ。
スパジャ、おもしろい企画が始まったね!まるでアメリカンアイドルみたいだわ〜。各パート一人ずつのアンサンブル、私も覗いてみたい!どの組み合わせがお好き?またいろいろと聞かせてね!
投稿者:スパイダ☆
うわ、うわ、うわ〜、ほんとにほんとに楽しそうだ。うらやましい。スパもそこに立ちたい!!!!!!
ほんとにどこにいってもすぐに友達ができ、その場に溶け込んでしまう、サンダらしい生活が送れているみたいだね。
スパジャ、宇多津クラスのレッスンは、前回より抜き打ちテストなるものが始まったよ。今までにやったある1曲をピックアップして、パート一人ずつ前に出て歌う。緊張するけど、おもしろいよ。
投稿者:Lyco
tarakoさん
わーい!書き込みをありがとうございます。この日は本当に楽しかったです。そして心のふれあいを感じた忘れがたい夜でした。yoshikoママちゃんも、わたしもたっくさんの幸せをチャージしてきたので、しばらくは気前のいい日々が続きます(笑)。

ところで、むすめさん、アメリカに行くのですね。お母さん、心配だったかと思いますが、娘さんの背中を押してあげた、その手の温もりはきっといつも感じていてくれることと思います。出発前の少ない娘さんとのひとときを、今は大切に楽しんでくださいね!

ゴスペルはアメリカ黒人の音楽のルーツといっても過言ではありません。長い歴史の間虐げられてきた彼らの生きる力「生命力」を感じることのできるすばらしい芸術です。機会があれば、tarakoさんも聞いてみてください、そして大きな声でチャレンジしてみてください!きっと大きな喜びが体の中で満たされることと思います^^。
娘さんのご無事とtarakoさんのお幸せをこころからお祈りしています。ありがとう!
投稿者:Lyco
yoshikoママちゃん
コメントをありがとうございます。ほんと、楽しくて心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。この辺境の町でCozyくんやYoshiくん、そしてママちゃんにお会いできて、本当によかった!
こころが通い合う瞬間ってしあわせですね^^。
ゴスペル、わたしもチョッピリ不安だったんですよ、てへへ。
こちらに滞在している間に日曜のミサに足を運ぼうと思っています。その際はジョセフィーナの勇姿をUPしますので、どうぞお楽しみに。
そして、NYCに移ってからはゴスペル体験を主体とした日々になるかと思います。ママちゃんから応援をもらったこと、いつも心に感じて、たのしく頑張っていきまーす!
投稿者:terako
はじめまして!yoshikoママの友人で、今月末に1年間アメリカに留学に行く娘を持つ、母です。
本場でゴスペル体験できたなんて、素敵ですね〜!うらやましい限りです。目がキラキラ輝いてたの、わかりますぅ。何にでも積極的にトライする行動力に拍手です。
 
母としては、娘が1年間も見知らぬ遠い国で、どんな生活が待っているのか見当もつかず、心配でならなかったのですが、Lycoさんのブログを読ませていただいて、アメリカがとても身近に感じられ、色んな方に出会い、経験し、一人で頑張っておられる姿に感動し、勇気をもらいました。

娘にはまだ、どんな環境で、どんな困難が待ち受けているか判りませんが、夢に向かって歩き出そうとしている彼女を、親として精一杯応援してやろうと思います。Lykoさんの米国生活が有意義で、素晴らしいものになることを祈っています。
投稿者:yoshiko
 ほんとに楽しかったねぇ〜。私が噂のCozy&Yoshiのママちゃんです。日本を発つときから今回は絶対にゴスペルの勉強をするぞ!!っと思っていただけに感激は一入…
 Kathyさん、Lycoさんお付き合い有難う。Joyfullで、本場のゴスペルは迫力があり、楽譜も無いのにどうなることかと思いましたが、その場の雰囲気に乗せられ次第にHighなTensionに…ahhhhh〜〜〜(笑)
 Lycoさん、見知らぬ先への留学を応援する一人として人の心に触れる経験をしてください。きっと貴女を迎えてくれる人が待っているはずです。そして、私もまた…See you then!!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ