2010/12/28  22:42

突然の監督交代  FC岐阜

昨日クラブより倉田安治監督の今シーズン限りでの退任が発表されました。
先日のNHK特番では「J2優勝をFC岐阜で達成したい!」と強い意気込みを語っていただけに、突然の退任発表に驚いています。

今シーズン、FC岐阜の試合は3試合しか見に行けなかったけど、練習場には何度か足を運ぶ事ができた。練習場では監督の声が一番響いていたのが印象に残っています。練習の意図や目的を丁寧に説明し、いざ練習が始まればその大きな声で選手たちを鼓舞し、常に明るい雰囲気を作っていた倉田監督。既存の選手たちのレベルやポジションにサッカースタイルを合わせるのではなく、自らが掲げる高いレベルのスタイルを選手たちに求めることで試合の内容や結果にムラがありましたが、徐々にではあるけれど良い方向性が見えていた矢先の退任は非常に残念でなりません。

倉田監督、1年間本当にありがとうございました。
練習や試合を見に行って、こんなにサッカーの事を勉強できたのは初めてだったし、改めてサッカーの楽しさを再認識できました。新天地でのご活躍を期待しています。


そして新たに監督に就任される木村孝洋さん。
この難しい状況の中、監督という大きな仕事を受けてくださり感謝しています。
2011年シーズンのFC岐阜でどのような戦いを見せてくれるのか、期待してますよ!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ