2011/4/17  21:25

可能性  FC岐阜Second

第47回全国社会人サッカー大会岐阜県予選3回戦
FC岐阜セカンド 2−0 FC川崎
得点:細野、松江

僕にとっての今シーズン公式戦の開幕はセカンドの試合。
去年と同じく大垣南公園で全社岐阜県予選を観戦。

セカンドにとってはこれが今シーズン公式戦2戦目。新加入の選手が多くてチーム作りの最中ではあると思うけど、随所に可能性の感じられるプレーが見られた。チームとして選手個人として連携と更なるスキルアップをしてゆけば、東海いや全国でも堂々と渡り合ってゆくチームに成長する予感。今後も時間を作ってこのチームの応援に駆けつけたい。


メンバーには入っていなかったけど、中村豪選手の元気な姿を見ることができた。
コンディションを整えて、ピッチに立って活躍できる日を楽しみに待ちたいと思う。
1



2011/4/29  7:04

投稿者:かただ

アタギさん

お返事が遅くなりまして申し訳ありません…。
アタギさんの話を読ませてもらって、色々な縁と運命、そして何より豪くんが一生懸命サッカーに打ち込んできたからこそ、今の豪くんがあるんだと思いました。

Jリーグという華やかな舞台では無いかもしれないけれど、豪くんやセカンドの仲間たちの戦い。今年もできる限り応援してゆきたいと思います。

2011/4/23  17:59

投稿者:アタギ

久しぶりです

豪くん情報ありがとうございます
元気にサッカー続けてるみたいですね

牛道郵便局長の息子が
豪くん世代なんですけど
局長が一戦を引いたみたいなこと
言ってたので安心しました

局長と改めて
『豪くんでもプロには通じないんだな
あんだけ上手くても・・・』
と・・・

高三の時の聖地国立で行われた
高円宮杯決勝戦
『ジュビロ磐田ユース
対サンフレッチェ広島ユース』
あのセルジオ越後が何度も何度も
『藤田俊哉だ』
『藤田俊哉だ』
って言ってたことが忘れられません

タラレバ話なんですけど
白鳥JrはJリーグ発足の年に
岐阜県サッカー協会からの依頼?で
白鳥町役場から
『なんとかJrサッカークラブを作ってくれないか』
その命令にも似た一言で(笑)
手始めにサッカー教室を開催した
そこへ野球をやりたかった小2の豪くんは
友達の誘いがあって一緒に来て
サッカーを始めることになった

その話を聞いた時
運命ってあるんだなぁ・・・と

Jリーグ発足が1年遅かったら・・・
白鳥Jrが発足しなかったら・・・
友達に誘われてなかったら・・・

その話を聞いたとき
鳥肌が立つくらいの思いが
頭の中駆け巡りました

でも
偶然だけど偶然じゃない
必然なんだと思ってます
豪くんはプロに成るべくして成ったんだと
2分の才能と8分の努力
彼の努力なしには成し得ませんから


長々とすみません
ちょっと熱くなってしまいました

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ