2007/9/2  20:44

天皇杯出場決定!  FC岐阜試合ネタ

第12回岐阜県サッカー選手権大会決勝戦
9月2日(日)15時キックオフ@長良川球技メドウ
FC岐阜 6−0 岐阜経済大学
得点:【岐阜】オウンゴール2、中尾、高木(和)、和多田、大友

元旦決勝で有名な「天皇杯全日本サッカー選手権大会」に岐阜県代表として出場するチームを決める大会。FC岐阜はスーパーシードで決勝からの出場。相手は社会人や高校の代表チームを破って勝ち上がってきた岐阜経済大学です。

試合は前半2−0、後半4−0で結果だけ見れば圧勝。
しかしピッチの中から、何かこう選手たちの気持ちが伝わって来にくい試合でした。特に前半、立ち上がりが悪いのはいつもの事ですが得点に繋がったオウンゴールと中尾のループシュート以外は全く見せ場無し。経済大の選手たちもポイントを抑えた鋭い守備で岐阜の選手たちに仕事をさせず、岐阜側も何の工夫も見られずに淡々と時間だけが流れて行きます。互いに声を掛け合って修正するわけでも無く、周りを気遣い思いやったプレーをする訳でも無く、個人の力の差のみで2−0のリードを奪った前半。後半もこんな試合運びだと、早い時間に1点を返されたら瞬く間に経済大が勢いづいてくるのではと不安に思ったハーフタイム…。

しかし後半の早い時間に得点を奪ったのはFC岐阜の方でした。
CKのボールをパンチングにいった経済大GKが痛恨のミスでオウンゴール。これで意気消沈した経済大相手に片桐や途中出場の和多田、大友らを中心とした攻撃をやりたい放題。3点を追加して6−0で圧勝。2年連続で天皇杯岐阜県代表の座を獲得しました。

個人の差だけでリードを奪った前半と、意気消沈した相手に個人技&チームプレーで大量得点を奪った後半。特に後半の攻撃陣の点をとりにいく動きにはゴール裏から見ていて凄く楽しかったし今後に希望と可能性を持つことのできる無いようだったと思います。しかし相手は3点を奪われ意気消沈した大学生チームだった事だけは忘れてはいけません。後半のあのサッカーを同格のJFL所属チーム相手にチャレンジする事ができるでしょうか?次の週末はJFL・FC刈谷とのリーグ戦。どれだけできるか、注目したいと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ