2010/7/20  20:59

マルヤス工業-藤枝MYFC 〜確かにあった実力差〜  JFL・地域リーグなど

クリックすると元のサイズで表示します

18日に豊田で行われた東海社会人リーグの首位攻防戦・マルヤス工業VS藤枝MYFC。1週間前に藤枝で行われた試合でマルヤスが藤枝市役所に勝ち、藤枝MYFCが鈴鹿に引き分けて勝ち点差2で迎えた試合。マルヤス工業が勝てば逆転首位に立てる絶好の機会。

元Jリーガーを多く擁して個々の力はリーグでずば抜けているものの、選手間の連携が今一つで隙が多いように見える首位・藤枝MYFCに対し、前週の試合まで8連勝と絶好調のマルヤスがもしかして勝って首位に躍り出るかも…。試合前にはそんな気持ちもありましたが、さすがは藤枝MYFCでしたね。絶好調のマルヤス工業を完ぺきに封じ込め、2−0で勝利を収めました。

誰もサボらずに運動量で圧倒してボールを奪い試合の主導権を握るマルヤス工業のサッカー。しかしこの日の藤枝MYFCは9番・横山選手を筆頭にマルヤス工業のお株を奪う運動量を前面に押し出した戦い。

先週までの藤枝MYFCとは明らかに違った。先週の鈴鹿に引き分けた以降、この勝負所となる試合に対してこれまでの意識改革と用意周到な準備を行ってきたのでしょう。東海リーグでは珍しく、移動時の渋滞を避けて豊田市内にて前泊をしたとの話もあります。

個々に力のあるチームが用意周到に準備し、暑い環境の中でもサボらず相手にプレッシャーをかけ続けられれば実力の高いチームが勝つのは必然。藤枝MYFCは完ぺきと言える戦いぶりでしたね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ