桃李庵日乗

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:一般法則論者
 ドーキンスも、実在する天然自然の存在の創造主である神のことは知らない。
 実在する本物の神自身に自らの存在証明をさせる形の神の存在証明の方法についても知らない。
 そもそも、自然科学とは何かの定義も、ドーキンスは、知らない。
 http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
 いわゆる神の存在証明がもたらす意味について
 天然自然の存在の創造主である神の存在証明をして、神が造ったこの世界の成り立ちと仕組みについて説明し、人類史のリセットと再構築を試みる。
  一般法則論者


http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/
投稿者:ウナギ象
調べてみた所、アムハラ語はクシ諸語(大半はSOV)と接触した結果、セム語のまま非常に強固なSOV言語になったようです。クシ諸語はアフロ・アジア語族の一角を占めますが、かつて「ハム語派」と総称されたベルベル、エジプト・コプト、チャド、クシの四者(これらにセム語を加えてAA語族)は互いに懸け離れていて、共通のハム祖語を建てる事は不可能と考える人が多いようです。

AA諸語については、アフリカとアジアにまたがっているからという理由でこう呼ぶ(グリーンバーグらしい命名w)のは大雑把過ぎるため、紅海の古名に由来するエリトラ諸語という名を提唱する人もいて、将来はこれが定着するかもしれない。

語順というやつは接触によって変わるときにはコロッと変わるらしく、アッカド語もセム語のくせにwシュメール語(SOV、系統不明、ドラヴィダ語説あった筈)との接触のせいかいきなりSOV言語として歴史に登場したりします。

まあそんなこんなでクシ諸語はハム語だとはいっても、上述の通り各グループを超えたハム語同士の結びつきは相当「ゆるい」らしいので、師父の疑問もそう疑問でもないですよ…とアフリカ語学者ならさわやかに答えるでしょうおら知らねw
投稿者:桃李庵主人
コメントどうも。

>古代エジプト語のVSOがコプト語のSVOに変化した背景

エチオピアのアムハラ語(コプト語と共通するのは、キリスト教徒の言語でギリシア語の強い影響下にあった点)はセム語なのになんとSOVになっていて、基層にあった何らかのハム語の影響だとかいうんだが(いうんだがっつーか、25年前にそう習った)、そのハム語はもともとVSOだったんじゃないのかよとか疑問がわく。

現代ヘブライ語がSVOであるのはどう考えてもアシュケナジの言語つまりドイツ語(やフランス語)の影響。

アラビア語(つまり、ムスリムの言語)に包囲されていたコプト語がアラビア語と共通のVSOのままじゃなくSVOになるについては、コプト語話者にあってアラビア語話者にない要素ったらやっぱキリスト教→福音書→ギリシア語、なんだろうなあ。文献[2]ではそのへん触れてなかった。
投稿者:ウナギ象
追加レス:古代エジプト語のVSOがコプト語のSVOに変化した背景には当然ギリシア語との接触があったでしょうね。読まないで書くけど。
投稿者:ウナギ象
乙。ヒエログリフの成り立ちは6つの原則から成り、それは最古の漢字字典『説文解字』にある「六書」の原則とほぼ同じと考えられていますね。1)象形2)指示3)会意4)仮借5)形声6)転注の6つ。両者の類似は河野六郎論文「転注考」に詳しいです。むしろすごいのは六書を知らない欧米の学者が独自にその分類法を編み出したということですね。
「決定詞」determinerというやつはすると「形声」文字の「義符」に相当するわけです。モンガマエとかゴンベンとかの類ですね。対して発音を表す部分である「声符」は頭子音が一致しないどころか懸け離れている場合があるわけですが、それは二重子音に再構できる場合もあるでしょうが、「韻さえ踏んでいればいいや」って言うことで「捨て仮名」に相当するものもあるんでしょうね。かつてはどっちか一方の説を主張する人が多かったわけですが、私はずるいから両方あったんだろうということにしときますw
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ