桃李庵日乗

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:高木門
10年程前の記事ながら、どうしてもコメントしたかったので、勝手ながらコメします。悪しからずご了承ください。

僕 未だに当事件について考察しているのですが、近年ね死人に口なし好き放題の風潮に腹立しく思っています。きちんと事実経過を見る 読む 調べることなく、少年Sの犯行 父の関与 平塚氏のミスリード 等と簡単に結論付けている現状に嘆いております。 そのような方々は、推理小説 ドラマ 映画 最近ならば漫画らに影響を受けた上での浅い考察。 男性に多い自意識過剰なる自説 感性を修正出来ずに言い張る。 ある程度の時間で考察が止まってしまい反証を知らぬまま誤認。商業的にも一番都合の良い少年Sと父の物語。などに大方属しております。僕は常に思うのは、大方の予想は大概 外れている事が多いとゆう体感からして、現状は滑稽です。 道理でなるほど 犯人は捕まらないはずだなと思いますね。 日本人 相変わらずバカだなぁって。 平塚氏の考察力 丁寧な基本を怠らない根気らは、やはりさすがだと思います。平塚氏が言う単独犯は正に現場を感じたら容易にわかるので。 彼はかなりの確率で真犯人に近いところ迄 辿りついていたのではないかと思います。 とにかく前例が無かったとはいえ、初動捜査がお粗末だった。彼を初日から投じていたのならば解決出来たのではないか?と思います。最後に僕は、平塚氏に魅せられたわけではなく、やはり事実から考察しても、単独犯であり、少年Sではないと思っております。 関わりがあるならば、Sではなく時効間際のAだと思います。または多摩電気工事(株)トラメガに関わりあった中に犯人がいたのではないかと強く思っております。あの事件は簡単では無い。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ