2009/9/23

わたらせ渓谷鉄道・銅七福神めぐり  ハイキング(トレラン)

クラブの新春交流ハイキングの下見を兼ねて、わたらせ渓谷鉄道を利用し、“銅七福神めぐり”をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します大間々駅7時30分スタートの予定が、ちょっと寝坊して7時55分出発。
ながめ余興場方面経由で8時10分、まずは最初の神様“弁財天”様の祀られている神明宮に到着。
途中道路工事中で、迂回を強いられました。
はねたき橋方面から駅に向かい、8時15分、大間々駅到着。駅から神明宮に向かうなら、こちらの方が近くて安全です。
クリックすると元のサイズで表示します大間々駅で、1日フリーパスを購入、8時24分発の汽車で次なる目的地、水沼駅に向かいます。8時40分、水沼駅到着。

長い石段を上り“寿老人”様を祀る常鑑寺に9時到着。水沼の集落を見渡す高台に位置するこの寺には、「平和の鐘」がありました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
このまま駅に戻っても時間があり過ぎるので、次の花輪駅まで“あかがね街道”を歩きます。途中、銅蔵を見学しながらゆっくり歩き、10時10分、“布袋”様を祀る祥禅寺に到着。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お墓のピラミッドや、地域の著名人のお墓が目を惹きます。次の汽車は11時23分、時間があるので、隣の旧花輪小学校記念館を見学。
懐かしい木造校舎です。毎年雑巾がけレースを開催しています。

宿場町の雰囲気漂う駅に汽車が到着、次なる目的地、神戸駅に向かいます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

11時33分、神戸駅(“こうべ”ではありません。“ごうど”です)到着。“恵比寿”様の待つ、なぜか南国の雰囲気漂う清水寺へは11時55分到着。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します12時10分、再び神戸駅に戻ります。
この駅のホームに隣接して、車両を使ったレストラン「清流」があります。
次の汽車は12時52分発、まだまだ時間があります。
本格的な昼食は次の駅でしたいので、ケーキセット(650円)とビールセット(900円)を注文し、しばし休憩。
親水公園みたいな雰囲気の公園も隣接、天気が良ければここで昼食にしても気持いいでしょう。

次の沢入駅には13時03分到着。
出発は14時54分… この間だけ、やたらに間隔が空きます。
“福寿尊”様を祀る大澤寺には13時15分到着、帰り道は旧沢入小学校跡に出来たサーカス学校を見学しながらも13時40分には再び沢入駅へ。
次の汽車は14時54分、あと1時間以上あります。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します駅ホームから河川敷の公園に行き、昼食タ〜イム!
がっ、なかなか時間を潰し切れません。
しまいには寝不足から、うとうと…
心地よい、秋の季節だからいいものの、冬ともなると…
そうこうしているうちにホームに戻ると、反対側に“とろっこ列車”が到着しました。
さぁ、いよいよ大詰めです。
14時54分の汽車に乗り、目指すは最終目的地“通洞駅”。
ここから、車窓は素晴らしい渓谷美を演出します。
“わたらせ渓谷鉄道”(国鉄時代の当路線名は“足尾線”)のネーミングは、まさにピッタリですね。

通洞駅15時08分着。寶蔵寺には15時20分着。
本堂に“大黒”様と“毘沙門天”様が祀られています。
曇り空の今日は、この初秋にも関わらず肌寒く感じます。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ここから駅に戻っても15時40分の桐生行きには乗車できそうです。

クリックすると元のサイズで表示しますその次の汽車は17時20分、折角なので“銅山観光”してきました。
汽車に揺られること約1時間で大間々駅に到着。
辺りはすっかりと暗くなってしまいました。
下見とは言え、なかなか面白い旅(?)でした。
紅葉の時期は綺麗でしょうね。

新春のハイキングとしては、待ち時間が多すぎて、コースを再考する必要があるように思いました。
“下り”と“上り”を交互に利用したりすれば、時間が短縮できるかも知れません。
また、やはり水沼駅の温泉は外せないような…
そんなことで、またシュミレーションしてみましょう。
なんか“西村京太郎”になった気分…
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ