2010/3/13

ランニング学会大会1日目  トレーニング日誌

ランニング学会大会in横浜に参加しました
初日から研究者の口頭発表、シンポジウム、招待講演と盛り沢山
口頭発表においては個人的に、こどもに対する持久走の取組みと、ハーフマラソンとフルマラソンの記録の係数の報告に関心がありました
ともにクラブの活動において、非常に参考になりました
“かけっこ塾”“ジョギングクラブ”でフィードバックして行きたいと考えています

「ランニング熱と東京マラソン」と題したシンポジウムも、ランニングイベント(というほど大きなコトはしてませんが…)を企画・運営する身として、たいへん参考になりました
やはり、その場で質問(提案)もさせていただきましたが、フルマラソンに向けてはそこに挑戦するプロセスをもっと参加者に楽しんでいただける工夫が欲しいものです
ノリで参加するのではなく、ひとつひとつステップを踏んで参加できるような…
初フルマラソンは、挑戦する人にとって一生に一度しかない貴重(特別)な体験な訳ですから
たとえ結果がどうであれ、そこに向けてのプロセスがあってこそ、もっともっとランニングの面白さ(奥の深さ)を感じていただけるように思えてならないのです

またスプリント的トレーニングの持久力向上の報告も興味深いものがありました
個人的な経験から徐々にクラブでは取り入れていたのですが、さらに科学的根拠に基づくプロトコールが示唆されました
ただし、結構走力がある人のさらなる向上に向けてですが…

そして大会の一番の楽しみ、懇親会です
素晴らしい皆様との、ざっくばらんなひと時です 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
写真左:招待講演、マラソン日本記録保持者高岡寿成さん
写真右:最近メディアでお馴染み、スロージョギングを提唱している田中宏明暁先生
(参考HP⇒http://kyushu.yomiuri.co.jp/sports/feature/running/interview/

高岡さん、元旦の実業団駅伝の“からっ風”には悩まされたそうです
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ