2015/3/20

「速く」から「上手く」走るへ  トレーニング日誌

今日の朝ランはこの春初めてのノー手袋、ノーウィンドブレーカー
花曇りながら春ですねぇ〜

西部公園のハクモクレン咲き出しました!
クリックすると元のサイズで表示します

まだまだ疲労は抜けてませんが…
「野生の走り」を求めてゆっくりジョグ

前回「文化の走り」のベースは「生きるため(野生)の走り」と書きました
http://green.ap.teacup.com/training/1995.html
今回は「速く」から「上手く」走ることに焦点を当てたいと思います
自分のことは棚に上げて…

ゆっくり走ることの利点として
物理的、そして生理的にも負担が少ないことが挙げられます
カラダに余裕があるのでチカラを抜いて走れます
ココロに余裕があるのでフォームとかに気を配れます
景色を楽しんだり、色々と考え事なんかもできちゃいます

さらに!
同じ距離を走ったとして
歩数が増えるんですね
 
ボクのピッチは約180歩/分
5分/kmで走ると1kmは900歩
10分/kmで走ると1kmは1,800歩
極端な例ですが倍接地出来るわけです
(同じ時間走ればペースに関わらず同じ歩数ですが…)

スポーツ上達の近道は…?
そう反復練習ですね
ということは同じ距離でもたくさん接地した(=ゆっくり走る)方
が「上手く」なるのではないでしょうか?
そんな仮説を立ててみました

今、子ども達の接地を見ると
唖然とすることがあります
たぶん数が足りてないんですね

ヒトは生きるために本能で「走った」
本能であるならば、誰もが数をこなせば「上手く」走れる筈
「速く」なくてもいい
ヒトとしてもっともっと「上手く」走れるようになりたいものです
まずは自ら実践です


今朝のトレーニングメニュー
 ・30分ジョグ
   広瀬川河川敷コース(竜宮橋〜三ツ家橋)1周+α(5.3km) 31分22秒
    周回コースまでの500m:3分01秒(6分02秒/km)
    周回コース:20分46秒(5分56秒/km)
    周回コースからの500m+西部公園トリムコース400m2周:7分35秒(5分50秒/km)


◇◆◇ 3月の累計走行距離 113.0km ◇◆◇
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ