2016/4/15

続編 協会とか協議会とかの会費…  トレーニング日誌

本日の投稿の前に

まずは、熊本地震により亡くなられた方々に、心よりお悔やみ申し上げます
また、被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます

ここ伊勢崎では今日もいつも通りにクラブの活動をしています
改めて、日々スポーツ活動が営める平静な状況に感謝しています

今回のような自然災害は避けることができないにしろ
ヒトの愚かな振る舞いにより
日々スポーツ活動を営むことができない事態となってはならないと
改めて思った次第です

こんなタイミングで
先日の続編もどうかとは思いましたが…

ボク自身が関係するとある協議会の総会が明日開かれるので(欠席ですが…)
なんとしてもその前に、思いを綴っておきたくて…

前回、自身が主宰する側での「会費」と「参加費」について書きました
http://green.ap.teacup.com/training/2222.html

今回はボク達同様主宰する側が集まった会
「協会」とか「協議会」とかの会費の話…
(※チョッと他に思いつく言葉が無くて… ここでは「主宰」という表現を使います)

この類の会の場合、運営は会費から成っています
多くの場合、執行部(役員)も同様に会費を納めています

前回書いた考え方から言うと
「会費」を納めた「会員さん」はただ受身で参加するのではなく
会を発展するためにいろいろと提案できるのです

なのに…
ボクも以前陥っていましたが…
「会員になるメリットは?」
と考えてしまいます

昨今、安易にお金を支払えば同等のものが手に入りますからね

でも、この「協会」とか「協議会」の「会費」の場合
安易に同等のメリット(「価値」)を一方的に求めることに違和感を覚えます
ましてや、自分達が主宰する側として「会費」をいただいている身
その集まりであるならばなおのこと

「会費」を納めているのであれば
受身で「価値」の提供を待つのではなく
会の一員として積極的に参画することに「価値」があると思うのです

納めた「会費」の額面よりも
その「価値」を低くしてしまうのも自分次第
高くするのも自分次第だと思うのです

主宰する立場の方が、主宰する側の集まりにおいて積極的に参画する
そのことでその会が発展し
そのことで自らが主宰するクラブなり会なりにも恩恵があると思うのです
主宰する側の会における積極的な姿勢は
自らが主宰する会の会員さんの共感を呼び
自然と伝播して行くと思うのです

そうなることでそのクラブなり会なりが発展し
そのことで該当の地域の活力が増し
それがどんどん拡がって行く…

な〜んてね

という雰囲気を醸し出すのが執行部の役割なのかも知れませんね


クリックすると元のサイズで表示しますさて、明後日は「前橋渋川シティマラソン

今朝は、この期に及んで、調整なんぞしてみました…

腰痛は解消してきました

火曜日から突然襲ってきた腹痛も大分退いてきました

でも、明後日の予報は雨…

気が進みません…

今頃になってようやく参加通知書の封を切りました


今朝のトレーニングメニュー
 ・体幹トレーニング(2種目 各12回×1)
 
 ・30分ジョグ
   広瀬川河川敷コース(竜宮橋〜栄橋)2周+α(5.9km) 30分47秒
    周回コースまでの500m:2分47秒(5分34秒/km)
    周回コース:23分32秒(5分14秒/km)
    周回コースからの500m+西部公園トリムコース400m1周:4分28秒(4分58秒)


◇◆◇ 4月の累計走行距離 23.1km ◇◆◇


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ