2016/12/16

たまには自らのカラダにじっくり向き合ってみる…  トレーニング日誌

朝ランはお休みしました

寒いからじゃないですョ

実は秋のスプリントで痛みかけた足底の痛みがなかなか退かないのです
まだまだ筋膜炎の一歩手前といったトコだとは思うのですが
一番の近道はやらないこと

充分わかってはいるのですが…
目先のことを考えると
騙し騙しでなんとかならないかと…

なので今後のことを考え
とりあえず当面無理せず
週25kmくらいに抑えておこうかと…

さらには昨日のジョグで足首に違和感も…

ってことで積極的休養〜♪

ケアをじっくりと

朝は股関節のストレッチ
お昼休みはポールストレッチにゆる体操
夜はクラブでムーブストレッチ
クリックすると元のサイズで表示します

捻りの動作中
向かいのガラスに映る自らの姿を見て気付いたことが…

左右差
実は2010年のゴールデンウィークに
サイクリング中の転倒により"左肩鎖靱帯断裂"ならびに"左肩鎖関節脱臼"
(http://green.ap.teacup.com/training/1146.html)

それ以来切れたままの外れたまま
それが起因しているのかどうかはわかりませんが
後に腕を回した時
左腕(時計してる方)の可動域が広いんです
(指を見るとわかり易いと思うのですが…)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
だからって
これになんのメリットがあるかはわかりませんが
ってそもそもメリットなのか…? (笑)

もっと言えば
そもそも外れる前はどうだったかも定かではありませんが…

まぁ、なんとなく面白いなぁ〜 と話題提供…?

たまには自らのカラダとじっくり向き合ってみると
新たな発見があるものですね
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ