2018/11/11

なるほど! スポーツ振興と障害者支援(理解?)の親和性が高いわけ  トレーニング日誌



以前から感じていた、「スポーツ振興と障害者支援(?)は親和性が高い」件

本日、神奈川県で開催された"関東ブロック クラブネットワークアクション2018"に参加しました
毎年1回関東各都県が輪番制で開催している総合型地域スポーツクラブの研修会(?)です

テーマは『プロスポーツに学ぶ地域貢献と顧客満足度』ですが…

2016年から連携している障害者スポーツの取組事例の報告等もあり内容盛りだくさん

とりあえず、2回に分けて書き記したいと思います

まずは3クラブから"障害者スポーツ"の取組事例報告

・廃校跡にクラブハウスを構えるクラブ
 スポーツの場の提供にに留まらず
 社会教育の実践の場として
 廊下、教室、窓清掃等のビルメインテナンスの仕事を提供

・小学校2校、中学校1校に計10台のトランポリンを設置しているクラブ
 ある時、障害者の保護者の方から問合せ
 「できるスポーツはありますか?」
 "誰もが"参加できるクラブを謳っているので、手探りで対応するも
 指導の限界を感じる
 以後、保護者から学び
 養護学校の先生等、専門家から学び
 障害当事者の情報を事前に収集するなどで対応
 積極的な声掛けや、生の音楽で誘導するなど…
 結果として、行政からの依頼、タウン誌からの取材等を受け
 さらには健常者とともに活動する通常教室の入口となっている
 障害者スポーツはクラブの通常活動する種目でできる社会貢献の大きなチャンス!! 

・最後のクラブは実際の事例報告と言うよりは、障害者スポーツの全体的な視点
 障害者スポーツ「の」実施率向上と、障害者「の」スポーツ実施率向上は違う
 障害者のスポーツプログラムのコンセプトは「はんたい」「つづける」「にている」を発見すること
 例えばバドミントンの際、如何にして相手の返しやすい所に打って、如何にして続けるか
 "投げる"ことができない場合、似た動作"転がす"で対応するなど
 障害当事者、保護者は気軽に余暇としてのスポーツを求めているものの、その場を「知らない」
 地域の人達は支援したい気持ちがあるけど、どうしていいか「不安」「知らない」
 地域スポーツクラブは場はあるけど、障害者との接点を「知らない」
 ここに「知らない」という障害がある
 これらを上手く連携させることで生涯安心して暮らせる"場"となるのでは?
 スポーツはそのキッカケとなるのでは? もちろん文化活動でも音楽でもいい
 そもそも"スポーツ"は"ルール"の下、敢えて"障害"を作っている
 サッカーは手が使えない
 野球はそれぞれの得意分野の人の集まり
 ダイビングはコミュニケーションの手段が制限されている…
 障害者理解とスポーツの親和性は高い
 ただ… 障害者に対応するには人的資源が多く必要(人件費が…)
 一方、障害者の社会参加は金銭的に優遇される(収入が…)
 との背景から、民間の参入にはリスクが大きい
 これこそ、障害者スポーツがなかなか普及しない原因ではないか?
 であるなら、利益を優先に考えることのない"地域スポーツクラブ"がその担い手としてふさわしいのではないか?
 ひとつのクラブで抱えるのではなく、クラブ間で連携して取り組むことで、障害者のスポーツを支えられるのではないか?


多少、ボク自身の私情は入ってると思いますが
概ねこんな感じでした

折しも再来週"第1回みんなのバリアフリー運動会"を控える身として
終始、頷くことばかり

今回のバリアフリー運動会も
特に肩肘張らずに"面白そうだから"が原点
「知ってしまった」からのスタートで
予想外の反響に驚いている状況

障害当事者、保護者、支援者の皆さんが、気軽なスポーツプログラムを求めていることも日々肌で感じていましたし

そんな状況から
"障害者支援(理解?)"と"スポーツ"の親和性が、よくわからないけどなんか高い気がする!?
とも日々感じていました
(https://green.ap.teacup.com/training/2655.html)

なるほど!!
今日、その訳がハッキリしましました

さらには、障害者スポーツには民間業者が参入しづらいわけも知り
だからこそ使命感から関わる必要があると同時に
裏を返せば、競合が居ない分野であるとも思ったり…

いずれにせよ
既に伊勢崎西部スポーツクラブは
今の人員体制ではイッパイイッパイ

この拙いブログを読んで
共感を得た方が居りましたら
是非、当クラブの現状の資源を活用して
障害者"の"スポーツ普及に携わってみませんか?

やり方はわかりません
でも試行錯誤して行くからこそ感動、喜びは大きいのです
もちろん、既存の人脈は繋げます

我こそはと思う方、是非!


画像は本日の帰りの車内の中吊り広告
クリックすると元のサイズで表示します
2020東京に向けてのプロモーション!?

「2020 Tokyoに乗り遅れないための TOKYO SPORTS STATION」

障害者"の"スポーツに、さらにそんな障害まで…
でも、これこそが、やっぱスポーツの醍醐味なんだろうな〜

スポーツには障害があるからこそ
スポーツを通して障害の理解が深まる
スポーツを通して障害をより低くできる

そのことにより、地域の課題解決のチカラとなる

誰もが、加齢とともに障害者となるのだから…



本日のアクティビティ
 ・なし


◇◆◇  11月の(プライべートトレーニング)累計走行距離 42.1km  ◇◆◇


Supported by "Herbalife 24"




【第30回 遠山親水舎(えんざんしんすいしゃ) (11/12(月))】
 ・https://www.facebook.com/events/1413707738760308/


【ヒューマンランニングミーティング 11月の会(11/18(日))】
 ・イベント詳細 ⇒ コチラから


【ポール&ゆるゆるストレッチ・カフェ (11/22(木))】
 ・https://www.facebook.com/events/331310180771830/


【みんなのバリアフリー運動会 (11/23(勤労感謝の日))】
 ・https://wind.ap.teacup.com/seibusports/867.html


【酒盛り de スポーツ談議 (11/24(土))】
 ・https://www.facebook.com/events/1935243403438271/


【チャレンジ! 3時間走(ラン&ウォーク) (12/23(日))】
 ・https://wind.ap.teacup.com/seibusports/871.html



☆★☆ もっと気軽にEnjoy Sports ! ☆★☆
 ・特定非営利活動法人伊勢崎西部スポーツクラブ
  (火曜日〜土曜日、小学生〜高齢者まで活動中!)
  詳細 ⇒ http://wind.ap.teacup.com/seibusports/


☆★☆ 速く走るから上手く走るへ ☆★☆
 ・ランニング足袋"無敵"取扱い
 ・ヒューマンランニング・ミーティング開催中
  詳細 ⇒ https://www.facebook.com/FactSports-431406443888316/
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ