2006/8/27

天竜川カヌー競技大会  カヌー大会参戦記

今日は天竜川カヌー競技大会。
今年は、7月の増水の影響でコースが流れが大幅に変わっている。
でも、前日の練習で無難なコースは頭に入っている。
今日の目標?は、
@艇を当てずにゴールすること。
A速さよりも大きなフォームを心掛けて持続させること。
で、プログラムを見ると、オイラの次の発艇は、日本代表ナショナルチームのメンバー。
B可能なかぎり抜かれないようにすること。
朝起きた時は、昨日の疲れは殆ど残っていない!と思っていたけど、やはりそんな訳はなく、発艇して数分の後に体の重さを感じる。
でも先ずは@の目標、上手い具合に瀬を越えてゆく。次いでA、なかなかいい感じ。B、予想外に抜かれない。
でも、ほぼ中間の弁天の前の瀞場で、声援を送る方がいて、オイラが通過したスグ後に声援を送っている。ついに来たか! ここで動揺したのか?疲れからか? 次の瀬でラインをミスして落ち込みに入ってしまい、艇の後部を強打! ゴール後見たら相当なダメージ… 更に瀬の出口付近で抜かれる…
一瞬、付いて行こうと思ったもののスグに引き離される。そらそうだろう…
疲れは既にピークに達し、流れのなかで波を捉えきれない。Aの大きなフォームが出来ない…
結局、全ての目標を達成することなくゴール。
結果は2年連続の4位。(結果はそのうち掲載される筈…)
でも、目標は達成できなかったものの、自分なりの収穫はおおいにあった。
前半だけでも、案外いい漕ぎができていたこと。
昨年9月の国体以降、漕ぎを変えて臨んだ長距離レース。ガチャガチャ漕ぐという感じから、ゆっくり大きく漕ぐという感じに変えたのだけど、他の常連参加者とのタイム差が予想以上に小さかったこと。
やはり、昨年10月の日本選手権はまぐれではなかったのかも。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ