オフトラ、ETAP2

2006.5〜2009.6までの記録(2009.6以降はETAP3へ)

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

色々

Ttpl謹製「Rally&Touring」Tシャツ(通称トラT)& TransalPolo→Ttpl







ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:LTyama
>ないとーさん
 そういえばそういうものもありましたね。
 言われるまですっかり忘れておりました。

 皆さんが色々とアドバイスをくださるおかげで段々イメージが固まってきました。

http://green.ap.teacup.com/transalp2/
投稿者:ないとー
絶縁や、振動による部品の故障を防ぐ為の固定には、グルーガンとかホットボンドというような名前で売っている接着剤も使いやすくて重宝しますよ。
http://www.goot.co.jp/HOTBOND/toolsFrameset1.html
http://www.aduchimoto.com/handgun.htm

http://cafehelios.blog53.fc2.com/
投稿者:LTyama
>ないとーさん
 ハンダ付けはちょっとだけやったことがあるのでとりあえずくっつけるだけはくっつけられると思います。(確かその時のハンダゴテがどこかにあったはず)
 見てくれはかなり悪い物になると思いますが。

>たがわさん
 ご親切に色々とありがとうございます。
 サイトを見ながら仕事から帰宅後にチョコチョコと作っていきたいと思います。
 練習がてらに何種類か作ってみてテストしてみるのもいいかもしれませんね。

http://green.ap.teacup.com/transalp2/
投稿者:たがわ
LTyamaさん
僭越ながら、、定電流ダイオード(10mAぐらいだったと思う)の後に、赤なら5個、白色なら3個のLEDを直列という回路で、自作LEDテールランプは約4000km、ICOの照明は約3000kmトラブルありません。電源はバッテリーからの時が3000km、交流+ダイオード2個とコンデンサの整流回路の時が1000kmです。
夜間のまぶしさを避けるため、ICOの照明は赤色LEDの安い奴(一袋いくらの)がバッチリでした。
絶縁はスコッチの両面テープが強力で、厚みもあるのでよろしいかと存じます。
投稿者:ないとー
sergejさんが書いてみえるように、定電圧回路などの保護回路はあった方がいいかな?とは思いますが、自分の場合、保護回路無しでTDNのラストまでもってくれました(^_^;)
マップケースのバックライトはそれほど明るさを必要としませんので、ちょっと電圧が足りないかな?というくらいLEDをたくさんつければ過電圧による球切れはある程度防げるのでは?と思います。
あと、同じような理由で、高輝度LEDは発熱もそれなりに増えますし、過電圧による故障も多いと思うので、避けた方がいいでしょう。(高いし・・・)
半田付け自体は少し練習すれば難しくはないと思います。入門用のコテと半田のセットで十分出来る作業です。
問題は、基板の裏の絶縁処理かな?ケースがアルミですから、ショートしないように気をつけて下さい。

http://cafehelios.blog53.fc2.com/
投稿者:LTyama
>sergeiさん
 定電流ダイオードとかがあまりよくわからないのですが、とりあえずそれらを買い求めてきてつないでみれば何とかなるような気がしてきました。
 私の電気関係の知識というのはそれくらいのレベル、ということです。
 実際にやってみてどうなるかは結構楽しみですね。

http://green.ap.teacup.com/transalp2/
投稿者:sergej
LEDは極性があるので、向きを間違えなければそれほど難しい作業ではありません。ただ半田付けはある程度慣れが必要です。

またLEDに被せるディフューザー(拡散キャップ)を使えば紙やプラ板で覆うのと同じ効果が得られると思います。

それとバイクの直流電圧は思ったほど一定ではありませんし、瞬間的に高電圧になる事も考えられますから、電流制限抵抗はあった方が良いと思いますよ。特に白色LEDを使うときには抵抗ではなくて定電流ダイオードを使った方が安全です。定電圧回路を用意すればそれほど神経質にならなくていいと思いますが。

http://sergej.at.infoseek.co.jp/
投稿者:LTyama
>ないとーさん
 基盤に並べる作業というのは当然ハンダ付けとかが伴うんですよね?
 私は電気関係がさっぱり分からないのですが、そんな者でも出来るレベルの作業なのでしょうか?

>ムラカミさん
 横幅もやや大きいですけど、CORONAはいいと思いますよ。ただ、重さがそれなりにあるのでフレームマウントにするのであればという前提では、ですが。
(ただ、取り付けについてはハンドルバーのスタビライザー前提なんですよね。このホルダー)

 取り付けについては最低限の加工で取り付けするには?という不精者の考えからこのようになりました。
 

http://red.ap.teacup.com/transalp/
投稿者:ムラカミ
CORONA電動マップケース良さそうですね、ちょっと欲しくなってきましたw。でも少し変わった取り付け方ですね。
私は照明は3連のLEDを付けました。暗い時に試走してないのでわかりませんが明るさは十分ありそうです。
投稿者:ないとー
僕がTDNの時のマップケース照明に使ったのは、袋詰めで安く売っていたLEDです。
色は薄いグリーンでした。白よりもかえって見やすいかも知れません。
これを数個直列に細長く切ったユニバーサル基板に並べて、ケースの奥に装着しました。
直接光になると見づらいので、光を拡散させるために、その前を紙かプラ板で覆います。
これを防水コネクターを介してバッテリーに直結しました。
LEDを少し多い目に(8個くらい?)繋げば、抵抗で電圧を落とさなくても良いし、明るくなりすぎませんし、広い面積を照らせるのでなかなか良かったですよ。

http://cafehelios.blog53.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ