2009/7/11

奮闘中!  プロオーディオ

 期待を込めて製作に臨んだ「A級アンプ721」(NEVE−BA283とB438を勝手に加算して<283+438=721>と名づけました!)ですが、そう簡単に物事は運びませんでした。単純に1段目をB438、2段目をBA283AMと構成し、間にアッテネーターを入れてレベルコントロールしようと思ったのですが、入出力のインピーダンスが合わない様で、レベルを上げてゆくと動作しなくなります。それぞれのアンプは正常に働いているので、回路的には問題ないのですが、アッテネーターを入れて繋ぐと問題が発生します。いろいろ試行錯誤したのですが、おかげでB438を1つとばしてしまいました。(涙・・!)
 ディスクリート回路は本当に難しいです!

クリックすると元のサイズで表示します
0



2009/7/13  16:20

投稿者:さわら

是非完成させていただきたく、ご健闘をお祈りしてお
ります。それで、自分ごときが釈迦に説法のようで心
苦しいのですが、電源の問題ではないでしょうか。24V
で+/-電源と単電源の混合ですが、283AMが電流を喰い
過ぎる分、通常の+/-電源回路だとバランスが悪くなっ
てしまうと思います。
自分も283AMのバイアス調整で泣かされました。本当に
+30dB超えても歪まないし、スピーカが鳴るぞ、ってく
らいですよね。

2009/7/13  12:05

投稿者:shinya

おつかれさまです。カップリングコンとかそんな簡単な話ではないんですよねw

2009/7/13  0:53

投稿者:tubemansound

さわら様、お久しぶりです。

細かなチェックさすがです。B438はB489と言うNEVEオリジナルから取った物ですが、今回の問題点は奥が深そうです。BA283ANですが、動作は正常なのですが最大出力が+15dBu位しか有りません。以前のブログで+30dBu位の出力があり自慢していましたが、とても比較になりません。初段のバイアスに問題がありそうなのですが、初めからやり直すつもりです。ちょっと手こずっています!

http://green.ap.teacup.com/tubemansound/

2009/7/12  22:42

投稿者:さわら

ご愁傷様です。というと軽くて失礼ですが、心中お察
し申し上げます。写真で見て気になっていたのです
が、438はオリジナルだったのですか?黄色のスリーブ
があったのでレプリカかなとも思っていました。
しかし、10kのアッテネータで上手く繋がらないとする
と、1271として簡単にバッファをつくるのも難しいと
いうことですよね。438と440の間は1kでしたっけ?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ