2009/8/22

パワーユニットA  プロオーディオ

 NEVE33605についてNETで調べてゆくうちに、面白い記事を見つけました。ある人(イギリス人?)がロンドンのスタジオでレコーディングを始めようとした時、いつものNEVE卓のイルミネーションが、やけに眩しいのに気がつきました。アシスタントに電球を変えたのか尋ねると、その日は特殊な電源を使っていて、なんとDC37V(!)だったと言う話です。この手の話は私の周りでは聞いた事がありませんが、実際に電源電圧を上げればアンプの最大出力が上がるのは確かで、比較的簡単にチューンアップすることが可能です。(ただし電気回路的には大分ストレスが溜まるので、素子の寿命を縮めている事は間違いありません)そう考えると、私の持っている33605が29Vに電圧アップされていても、納得できます。その後、運よく33605(BA358基板)のマニュアルを手に入れましたが、それによるとこの電源には入出力電圧のオーバーレベルを監視する回路があり、出力電圧がDC30Vを超えるとシャットダウンするようです。と言う事は、29V出力はこの辺を考えた上での設定と思われます。また回路図によると、電圧を抵抗値で調整する為の端子が設定されているので、正規の24Vに戻す事も出来そうです。
 早速33605を開けてみました。写真にある抵抗が電圧調整用のもので、元々は43kΩが付いていましたが、テストしてゆくと12kΩで出力電圧24,8Vに落ち着きました。これでNEVE以外のDC24V駆動アンプにも使う事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
交換した抵抗と、巨大な15000μF/40Vの電解コンデンサー
2



2009/8/23  11:19

投稿者:tubemansound

コメント有り難うございます。アース回路は考え出すと、きりがありませんね!理論を確立出来れば、ノーベル賞ものだとも言います。さわらさんのようにファントムの0Vを浮かすと、各ch毎に別電源が必要になりますね。NEVEのファントム電源ですが、アースは共通だったような気がします。(少なくとも私のアンプはそうですが・・)諸外国の電源の様に、アース端子が有れば悩まずに済むかもしれません。ちなみにビンテージと呼ばれるNEVEコンソール(5,000シリーズ位まで?)には、ファントム電源のSWが無かった気がします。(48V掛かりっぱなし?!)

http://green.ap.teacup.com/tubemansound/

2009/8/22  20:09

投稿者:さわら

残暑お見舞い申し上げます。
電源電圧を上げて使うという話、いかにも、でありな
がら、なかなか聞ける話ではなく、参考になりまし
た。ヴィンテージ機器の情報をネットで調べるには英
語力が必要で、毎度苦労させられています。以前拝見
しましたが、自分も大学では電気工学科の情報コース
(当時はそういう括りが一般的でした)、何もかも
もっと勉強していればと思うばかりです。今は苦労す
る分、楽しくもありますが。
さて、最近実機を製作するにあたり、ファントム電源
の0Vについて悩んでしまいます。メイン電源の0Vとは
分離させ、インプットの1番と直に接続させるのがベス
トだと思うのですが、2chを1Uラックで組む場合、アー
スループを形成してしまいます。NEVEのファントムユ
ニットは、常識破りでアース側にもデカップリングの
抵抗を入れ、完全にアースからフローティングさせて
いるのでは、などと耽ってしまっています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ