2010/2/7

1871完成!  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 1871<ALTEC1588C+NEVE283AM>が完成しました。小さなケースに詰め込んだので配線が大変でしたが、小さくともずっしり重く良い感じです。早速音出しです・・・、と言いたい所ですが、1588のゲイン調整が上手く動作しなかったり、挙句の果てに時間が経つと「チリチリ」ノイズが発生したりと、なかなか上手く行きません。結局1588を予備の物と交換し、ノイズにいたってはモトローラ製2N3055を交換する破目になりました。(貴重品が1個ダメになりました!)

クリックすると元のサイズで表示します

 気を取り直して音出しです。ヒートランを待つ事も無く、ボリュームを上げてみます。音の厚さは想像通りですが、思ったよりも明るい感じの音です。今回の目玉である1stステージと2ndステージのゲインバランスですが、1stステージ(ALTEC1588C)を上げると明るい高音域が増し、2ndステージ(NEVE283AM)を上げると低音域の重厚感が増します。試しに「NEVE283AV+シルミックU」と比較すると、音の厚みは変わりませんが、高音域の出方が違います。「NEVE283AV+シルミックU」が繊細で自然な高音に対し、1871は明るく生々しい感じです。特に舌打ちなどは「ドキッ!」とする感じで、EQでは創れない感触です!
 <ALTEC1588C+NEVE283AM>の組み合わせは、以前紹介した721<BA438+BA283AM>よりも相性が良いような気がします。721の時はインピーダンス合わせに苦労しましたが、1871はそれが無い分だけ作りやすいです。

クリックすると元のサイズで表示します

4



2010/2/16  15:44

投稿者:こおろぎ

立て続けに失礼します。
改行の場所が非常に中途半端で
とても不格好なコメントとなってしまいました。
申し訳ありません。

2010/2/16  15:40

投稿者:こおろぎ

tubemansound様

早速の返信ありがとうございました。すぐに読ませて頂いたのですが
週末に急な録音が入ったりとバタバタしまして返信が遅くなり申し訳
ありません。

プロの設計者でもカットアンドトライでつめるのですね。
ただその辺りは経験が物を言いそうなので不安な所でもありますが、
まずはオリジナルの回路で作ってみて、音を出してみて考えようと思
います。

SSL9000JのHAはご指摘の通りノントランスです。ワイドレンジでフ
ラット
低歪、リニアで誇張のないしっかりした(細くならない)音という印
象でした。
EシリーズのHA(ノントランス)をラッキングした物も使用した事が
ありますが
こちらも同方向で、コンソールの印象よりも遥かにきれいで明るい音
でした。
9000Jに比べると若干腰高(その分きれいとも言えますが)かな?と
も思いました。

9000JのHAを自作した頃はどちらかと言うとGMLなどトランスレスの
HAを好んで
使っておりましたが、ここ数年、テレフンケンやオールドニーブ、ビ
ンテージAPIなど
トランスインアウトのHAを積極的に試してみたところ、中域の充実
(密度)には
個々のトランスのキャラクターが非常に有効で、他の物では得られな
い存在感とか
表現力を得られると思う様になりました。

なにぶんトランスの事などわからない事が多く、仕事で使える物が作
れるかどうかも
不安ですが、なんとか良い録音ができる様に試行錯誤して行きたいと
思います。
また質問させて頂く事もあるかと思いますが、何卒よろしくお願いし
ます。

2010/2/13  0:14

投稿者:tubemansound

 こおろぎ様、初めまして、コメント有り難うございます。
 SSL9000のHAだと、ノントランスですよね。私も4000Gのノントランスを作りましたが、以前ブログに書いたように透明感のあるレンジの広い音で、色付けの無さを感じました。HAとしてはそれで優等生なのでしょうが、トランスアンプの癖のある「変わり者」も良いですよね!
 ところでトランスの2次側の抵抗ですが、リンギング対策のようです。リンギングについては調べてもらうとして、オールドNEVEの設計者であるAURORA AUDIOのGeoff Tanner氏のHPにも幾つかトピックがあります。彼にしてもリンギング対策の抵抗値は方形波オシレーターとオシロスコープを使って、CUT&TRYで決めるように言っています。
 実際に私もBA283で使っているT1850(オリジナルはLO1166ですが・・)で実験してみたのですが、リンギングは測定できませんでした。
 オーディオマニアの間ではリンギングにこだわる方も多いようですが、レコーディングの人間としては、耳で聞いて良ければいいのかな・・・とも思います。(いい加減ですみません!)是非HA挑戦してください。


http://green.ap.teacup.com/tubemansound/

2010/2/12  17:29

投稿者:こおろぎ

はじめまして、今年に入ってからこちらのサイトを発見し
あまりの素晴しさに連日、何度も拝読しています。

以前、友人がSSL-9000Jのサウンドを絶賛していたので
HAをユニーバーサル基板で自作した事があるのですが
確かにハイスペックでしっかりした音でしたが、色気が無くて
以来、オールドNEVEタイプのHAを自作したいなと
ずっと思っておりました。

そしてこちらの記事を拝見してメラメラと自作熱が燃えいます。
そこでいくつかご教授頂きたいのですがよろしいでしょうか?

私もマリンエアを持っているのですが、こちらのBA283の記事の物と
同じ昇圧比の物です。この場合、入力インピーダンスが若干変わると
思うのですが、それに合わせてトランスの2次側に入っている
コンデンサや抵抗の値を調整する必要があるのでしょうか?
それともそのままの回路でもカットアンドトライレベルで
なんとかなる物なのでしょうか?
私は恥ずかしながら時定数の計算などがさっぱりなもので(泣)。

程度の低い質問で大変恐縮ですが差し支えなければお教え頂ければ
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

2010/2/9  0:38

投稿者:tubemansound

1stステージは10dB(20dBに10dBのPADを入れています)なので、ドラムでも十分ヘッドルールあると思います。2ndステージは10KΩのPodを挟んでいて、レベル調整ができるので問題無いかと思います。NETの情報では1588はSNが悪いとの話でしたが、実際はそれほどでは無いです。
 ツマミについては、以前ジャンク品から取って大事に残していた物を奮発しました!

http://green.ap.teacup.com/tubemansound/

2010/2/8  1:55

投稿者:shinya

ちなみにSIFAMのツマミはプロメディアオーディオさんでしょうか。大き
いサイズの物が僕も欲しいのですが。

2010/2/8  1:54

投稿者:shinya

おつかれさまです。25dBスタートと言うことはドラム等は想定していな
い感じですか?僕もEQが完成したらHAを作りたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ