2010/4/4

ちょっと贅沢に!  プロオーディオ

 何を思いついたかと言えば、「ディスクリート・トランスレス」プリアンプです。私は聞いたことが無いのですが(もちろん世界の何処かに有るとは思いますが?)、ビンテージのディスクリート回路は、殆どがトランス入力または出力のように思います。もちろんトランス回路であることがメリットであるのですが、SSLのトランスレスを聞いてみると、なかなか捨てたものでは有りません。(もちろん捨てたりはしませんョ・・!)

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっと贅沢に、API2510を3個使って、電子バランス入出力回路を作ってみました。もちろんお手本は無いので、あちこちの資料からデータをパクリ、有り物で作り上げました。早速通電!!入力回路は計画通り6dBほどのゲインを持って完成、出力回路も10dB程のゲインを持って、綺麗なサインカーブが出力されています。歪率計が無いので詳しい事は分かりませんが、50Hz〜20kHzで問題は無いようです。あとは親玉2520を入出力回路の間に入れて、ゲインコントロールします。
0



2010/4/6  1:15

投稿者:shinya

あ、あてちゃいましたねwでもすごく興味深いです。また感想を聞かせてく
ださい。

2010/4/4  23:11

投稿者:tubemansound

お久しぶりです、電解コンはご指摘の通りで、買いだめしたシルミックを豪快に使いました。SSLトランスレスのワイドレンジが気にかかり、ディスクリートでどうなるか実験したくなりました。取り敢えず音を出して、cut&tryで仕上げるつもりです。

http://green.ap.teacup.com/tubemansound/

2010/4/4  20:46

投稿者:さわら

全く想像と違ってました。でも贅沢すぎですね。段間
と出力に大きなカップリングCでしょうか。音色が気
になります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ