2010/9/2

1696・・?  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します 

 ALTEC1588とLX108をコラボした、「1696」をケースに配置してみました。出力トランスはタムラ製では珍しい、カットコア・タイプ(40Ω/600Ω)を使います。ケースが予想より小さい為、スイッチング電源を使う事にしました。2Uのラックシャーシを使えば良かったのですが、最近アルミケースの値段がますます高くなった気がして、尻込みしてしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します

 初めて使う出力トランスなので楽しみですが、40Ω/600Ωということは、10dBほどゲインが上がります。1588が最低でも14dB程の増幅率があるので、108をゲイン0にしてもトータル24dBのゲインになります。最近の音楽傾向を考えると最低でも−20dB、出来れば−10dBで入力受けしたいので、ゲインの高いのも考え物です。入力にパッドを入れざるを得ないようです。

0



2010/9/3  1:13

投稿者:tubemannsound

ちょっと見た目は、TELEFUNKENを連想させる出力トランスです。業務用に特注されたものだと思いますが、大きさから見ても期待が持てそうです!

2010/9/2  12:25

投稿者:shinya

怒濤の11連勤でまだなにもできていません。またがんばります。。

2010/9/2  4:13

投稿者:ド素人マニア

ぅ〜むむっ。このトランス…初めて見ました。独逸物 それもビンテージなやつは裸型のトランスが絵になりますが、タムラってどしてもハーメチックシールドのイメージが強いです。

…次あたりはルンダールのリポートを…お待ちしてます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ