2010/10/18


 トランスのリンギング対策をしているうちに、面白いことに気が付きました。
 
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 上の2つの波形は、2種類のトランスに10kHzの方形波を入力した時の出力波形です。振幅が違うのはそれぞれの昇圧率の違いで、下の波形がオーバー・アンダーシュートにリンギング花盛りなのに対し、上の方はオーバー・アンダーシュートは有るものの、リンギングは無いようです。こうして比べてみると、上のトランスの方が特性が良いように思われます。
 そこで種明かしです。上のトランスは、タムラの「TPAS−2S」(600Ω:7kΩ)、下のトランスはST.IVES「L10468」(1.2kΩ:4.8kΩ)です。(ビックリ!)

クリックすると元のサイズで表示します

 他のトランスも試してみましたが、概ね国産のトランスは外国の物に比べ波形が綺麗です。やはり特性重視の国産品に比べ、外国製は特性よりも音質重視なのでしょうか?
1



2010/10/18  22:38

投稿者:tubemannsound

 コメント有り難うございます。申し訳ありませんが、測定時のターミネイションは合わせていません。直接オシロで測定していますが、大まかな傾向と言う事でご理解下さい。
 さて中国製のオペアンプですが、近々音を出してみたいと思います。魅力的なのは、その値段です!ドル建てなので、最近の円高を考慮すると面白いかなと思いま。!

2010/10/18  22:15

投稿者:さわら

毎度お世話になります。
興味深い話ですね。測定時のターミネイトも表示通り
でしょうか。そういえば、NEVEのインプットで10468を
使うものは、5kでターミネイトしていても100p程度の
スチコンが入ってますよね。

話は変わりますが中国産ディスクリートOPアンプ、以
前からオーディオの方では話題になっているようで、
気になっていました。続報を楽しみにしております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ