2007/6/30

5534 8chバッファーアンプ  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します
 先の「ALTEC 1678」のラインアウトは、バッファーアンプアウトを出力したのですが、アンバラ出力なので専用の8chバッファーアンプを作ってみました。アンバラ入力をNE5534Pで受けて増幅なし(実際には出力トランスで8dB位レベルアップしますが、入力をPADで落としました)で、1対1入出力です。出力トランスは日本光電製です。
クリックすると元のサイズで表示します
 とりあえず8入力用のフォンプラグと8出力用のXLRにヒューズBOXと電源入力を並べると、背面パネルは一杯になってしまいました。8個の出力トランスも横一列には並ばないので前後にずらしましたが、電源トランスとは距離を離したいので配置には気を使いました。折角なので各入力信号が判るように、ワンポイントの信号表示LEDを8個並べました。(正確では有りませんが、−30dBu位で点灯するはずです)電源はシリーズで±18Vですが、EIA−1Uのケースに収めるため、トランス部分のみケースに穴を開けました。
 肝心の音ですがNE5534Pで出力トランスをドライブしているだけなのですが、CDプレーヤーを繋いで音質チェックしたところ、なかなか良いではありませんか!!
少し固めですが音像の定位も良く、バランスの良い音をしています。しばらくの間2chですがオーディオモニター用として使っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
 もともと「ALTEC 1678」のライン出力バッファー用に作ったのですが、実際に組み合わせて使ってみましたが、例の低域寄りの音質は改善されませんでした。音の「太さ!」はすごいのですが・・・。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ