2011/5/15

2ch1871完成!  プロオーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 2ch1871が完成しました。モチベーションが下がってしまって完成まで少し時間が掛かりましたが、完成度はなかなかです。音の方は前回書いたように、1588Cではゲイン切り替えが上手く行かないのと、音質的にBA283との相性で、1588Bを選択しました。肝心な音の面で、1588Cだと低音域が強調されすぎて音域のバランスが悪く、1588Bの方がALTEC持ち前の明るさが出て、バランスも良いからです。1588Bの回路図は持っていて、3石のA級回路である事は確認していますが、1588Cの回路図は無く、私の考えではPP回路を用いたAB級アンプではないかと思います。しかし以前作った1588CとLX108の相性はバッチリだったので、組み合わせにより出音が左右されるところがアンプ作りの難しさです。
 完成後ケースの蓋を閉める前に、ネジ類を増し締めしてネジロックをするのですが、何とも言えない至極の時間です!
1



2011/5/21  1:07

投稿者:tubemannsound

あつみ様

ディスクリート・プリアンプ、ご満足いただけているようで安心しています。音に限らず感性に関わるものは個人差が有るため、共感を得る事は難しいものです。ご提案のオーディオファイル等による比較も、WEB上で多く掲載されていますが、その結果については如何なものかと思います。音の愛好者(アマチュアもプロも含めて)の幅は広く、一概にコメント出来ないからです。出来ればプリアンプ本体をお貸しして、現状でお使いの物と比較してもらうがベストかと思います。
近々プリアンプの貸し出しを企画しようかと思います。

2011/5/20  16:13

投稿者:あつみ

型番が少し違うだけで音質には大きな差が出るのですね。
それと相性の見極め、聞き分けをするのは、良い音を聴いてきた、作ってきた経験があってこそですね!!
いつもながらブログを拝読させていただきますと憧れてしまいます!

1588C+LX108のプリは本当に素晴らしく重宝しております。

ブログで実際に録音された音を紹介していただけると私以外にも喜ぶ方が多いかと思いますので、是非U87やC414、それか一層のこと所有人口の多そうなRODEのNT1Aあたりなどのサンプル音源のアップをご検討いただければと思います(^^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ