2012/9/3

トランス比較  プロオーディオ

 CARNHILL/VTB1148の音を聞いてみました。Tubemansoundオリジナルの1871は2ndステージにBA283AMを用いていますが、MARINAIR/LO1166の変わりにT1850を使っています。2CHの片側をVTB1148に置き換えて、音の比較をしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 結果は想像がつくと思いますが、30年前のビンテージと現行の新品を比較すれば、T1850は磁化も進んでいると思われ、VTB1148の方がクリアーな音がしました。ただし音域は上下とも広いのですが、逆に中音域のパワー不足が感じられ、NEVEらしさが無い気がします。特にNEVEのA級アンプを期待する方には、期待はずれではないでしょうか?T1850のほうは音の繋がりも良く、心地良い音色がします。

クリックすると元のサイズで表示します

 1871は1stステージがALTEC1588Bなので、BA283AVよりも音は明るめになっています。LO1166を使った、オリジナルのBA283AVで比較してみたいものです。
1



2018/5/16  10:34

投稿者:ジブリ好き

まちがいましたBA283でした。

2018/5/16  10:27

投稿者:ジブリ好き

ご返事ありがとうございます。
ギャップなしということはBA238を使う場合、アンバラOUTから出力を取ればいいということですね。
参考になりました。

2018/5/15  23:23

投稿者:tubemansound

投稿有難うございます。ご指摘の通りT1850はギャップ付きではありません。当初LO1166の手持ちが無かったので、代用でT1850を使ってみました。その後LO1166が市場から姿を消した(?)ので、VTB1148を試した次第です。ギャップが無いと磁気飽和してしまうかと考えましたが(電磁気学は苦手です)、今のところ大丈夫なようです。とりあえず自分用なので、音が気に入った方にしました。お試しの際は、自己責任でお願いします!

2018/5/15  7:46

投稿者:ジブリ好き

いつも拝見して参考にさせていただいています。
MarinAir T1850はVTB1148などと同じようにギャップ付きのトランスなのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ