2020/2/28

謎の8chアンプ?  その2  プロオーディオ

 この基板が8chラインアンプであることは想像できたので、各chごとのトランスとオペアンプを中心に回路を追って行きました。まず問題なのがHAUFEの「ST3935」というトランスですが、通常は出力トランスであろうと考えます。

クリックすると元のサイズで表示します

 ところが幸運にもネットで「ST3935」のピン配置図が見つかり、それによると1次側がコネクターに、2次側がオペアンプに繋がっているようです。つまり「ST3935」は入力トランスと言う事になります。これらの事から想像するに、この基盤がミキサーのサミング回路の入力基板であったことが考えられます。

 クリックすると元のサイズで表示します

 信号の入出力は間違えても問題は無いので、思い切ってトランス側に入力信号を繋ぎ24Vを投入しました。すると何ということでしょう!(ビフォーアフター風?)見事にオペアンプ側から出力波形が登場しました。(この瞬間が至福の時です!)ゲイン0の1対1入出力です。
 さて次回は、サミングアンプの製作記になるのでしょうか?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ